自分と向き合うこと⑥:ラスボス オカンと向き合ってみる


『ラスボスはオカン』と言うけれど、ラスボスとどう戦えばいいんだ!!
え!?ラスボスって戦わなきゃいけない存在なの??

今日はラスボスとの向き合い方について。

============
生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

唐突に始まった自分と向き合うシリーズ、今日は6回目です。

【自分と向き合うシリーズ】
自分と向き合うこと①:五感を取り戻す
自分と向き合うこと②:今が向き合うタイミング?
自分と向き合うこと③:今の自分を幸せにする
自分と向き合うこと④:自分の思い込みに気づいたら?
自分と向き合うこと⑤:子どもの頃の自分と出会う
自分と向き合うこと⑥:ラスボス オカンと向き合ってみる
自分と向き合うこと⑦:自分らしい、自分の為の人生を生きる

知らず知らずの内に私たちの価値観や観念に影響を及ぼしている・・・それがオカンなのです!
だからラスボスはオカン

という話を⑤では書きましたが、今日はそのラスボスとの向き合い方について。
お母さんと向き合うことで、自分のことが見えてくることもあります。

お母さんと向き合う

子ども時代の私たちはみんな、お母さんのことが大好きです。
なので、お母さんを悲しませることや困らせることはしたくない!と、ごく当然に無意識で思っています。

子どもの世界は狭いので、身近にいる家族が中心になります。
そして子どもの頃の私たちは大好きな人たち(両親、兄弟)を笑顔にしたい、幸せにしたいという願いを持っています。

大人になる段階でお母さんとの癒着を自然に切っている人は良いのですが、中には『お母さんを悲しませたくない』『お母さんを困らせたくない』『お母さんを幸せにしたい』という気持ちを潜在意識に抱えたまま大人になっている人もいます。

これ自体は別に悪いことではないのですが(家族のことを愛していること自体は良いことなので)それが原因で自分の人生に良くない影響を与えていたり、問題を引き起こしている場合は『それなら、ラスボスと向き合った方が良いよね』ということになります。

私のケースです。
昨日のヒプノセラピーの話の続きですが(自分と向き合うこと⑤:子どもの頃の自分と出会う参照)インナーチャイルドに会った後、イメージの中でお母さんと向き合ってみました。

先生が聞きます
『お母さんに、何かして欲しかったことはありますか?何か言いたいことはありますか?』

私は答えます
『うーん・・・モラハラに遭っていた時、本当はお母さんに助けてほしかったなぁ』

私の元ダンナさんはモラハラ男だったという話は何度か書いていると思うのですが、私はその時お母さんに助けて欲しかったのです。
聞かれて初めて気付きました。
『えっちゃん、無理しなくて良いのよ。そんなに辛いんだったら別れちゃえば良いじゃない!』
お母さんにそう言って欲しかったのです。

でも実際のお母さんは
『えっちゃん、夫婦なんてそんなもんよ。少しは我慢しなさいよ』
とか、こんな感じだったと思います。
私にこう言ったお母さんを責めるつもりは1ミリもありません。
お母さんにはお母さんの価値観があって、それは『夫婦は多少の問題があっても、乗り越えて一緒にいるもの』なんだと理解しているからです

当時の私の心の中には『お母さんを悲しませたくない』『お母さんを困らせたくない』『お母さんを幸せにしたい』という気持ちが潜在意識の中にありました。
なので、お母さんが『我慢しなさい』と私に言ったことで『私が我慢する』→『お母さんは困らない』→『お母さんは幸せになる』と変換されていったようです。
もちろん自分では気づかないうちに。

それがヒプノセラピーを通じてイメージの中のお母さんと向き合うことで、本当の自分の気持ちに気づくことができました。

私、すごく辛かったから、お母さんに助けて欲しかったんだ。
お母さんを幸せにしたかったから、モラハラに耐えて我慢していたんだ。

父と姉は『そんな夫とは別れろ!』と言ってくれていたのですが、当時の私が聞く耳を持たなかったのはこういう理由だったのだと思います。

問題の原因は・・・オカン?

イメージの中ではその後、お母さんとお話しして最終的には感謝を伝えました。

私のこのケースの場合は『お母さんを幸せにしたい』という信念によって問題を引き起こしていたのですが、他にも色々なケースがあると思います。

・お母さんが過干渉で苦しい
・お母さんが心配で実家を離れられない
・お金が貯まらない原因はお母さん?
・ハードワークしちゃうのはお母さんの為?
・彼氏ができない理由は実はお母さん?
・パートナーシップが上手くいかない影にはお母さんあり?

などなど・・・
※誤解なきように書いておきますが、全ての問題の責任をお母さんになすりつけているワケではありません。お母さんが問題の原因の1つかも?ということです。お母さんはそれだけ影響力が大きいからです※

私もまだきっと他にもオカン問題がたくさんあると思いますが・・・気づいたら、ひとつずつ向き合っていけば良いと思います。
問題って解決したように思っても違う形でまた現れたり、小さくなったと思ったのに蘇ってきたり・・・私たちは問題に翻弄されっぱなしです。

でも、それでも良いと思うんです。
その時にひとつずつ、ちゃんと向き合っていけば良いのです。必ず一歩ずつ進んでいます。

今できないことよりも、今までやってきたことを見て、自分の価値を認めていきましょう。

そして問題と向き合いたい、お母さんと向き合いたい、と思ったらぜひカウンセリングを利用してください。
一人では難しいことも、プロのサポートがあれば最高最速に、最善に乗り越えられると思います。

自分が持っているけど気づいてない価値観や自分を苦しめている信念をセッションで探してみませんか?

体験セッション、お得なセットコースもあります。

Studio Souの面談セッション

LINE@ ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

ブログに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!
メールはこちら

開けない方は
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ
Studio Sou HP

次回は(え?まだ続くの?と思われた方・・・残念ながらまだ続きますよ!)自分らしさと自分を幸せにすることについて。
私の気づきを書いてみたいと思います。

お母さん、お母さんってたくさん書いていたら、自分のお母さんに会いたくなってきました(笑)
そろそろ実家に帰ろうかしら。。。

ではまた。

関連記事

  1. 【恋愛】音信不通の切り抜け方を教えてください【お悩み相談】

  2. 【恋愛】失恋することになった原因が分からず受け入れられずにい…

  3. 【恋愛】見捨てられ不安ならぬ、 見捨てられたい願望ってあるん…

  4. 腹を括る、覚悟を決めること

  5. ゼラニウム精油で自分軸を取り戻す!?

  6. 【恋愛】初めての彼氏のことで頭がいっぱいです【お悩み相談】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP