【恋愛】自己否定に罪悪感に依存に他人軸です。何からしたらいいのでしょうか【お悩み相談】


こんにちは。生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

自己否定に罪悪感に依存に他人軸です。何からしたらいいのでしょうか

バツイチ37歳です。
付き合って3年半が過ぎた彼がいます。

今まで真剣に付き合った人(結婚も含め)3人しかいませんが、どの人も長く付き合う割には信頼関係が築けていないのか、うまく行きません。

今の彼は付き合い始めに出会い系サイトで知り合った人とメールしてることを知り、辞めてと言っても何度も裏切られた過去があります。

その事で私が今も不安になったり疑ってしまう時があります。

そうは言っても彼も反省してとても優しくしてくれます、罪悪感もあると思いますが。

こんなに反省して行動にもしてくれてるのに、私は疑ったり、酷いことを言ったりしてしまいます。こんな自分では嫌だろうなと思って、いつも別れた方がいいのかばかり考えます。

別れたいと言えば、彼に二言目にはそればかりと言われ喧嘩になります。

依存してると思い、変なところで自立したがります。
自己肯定感も低ければ、罪悪感も強く、他人軸です。

何からすればもっと自分にオッケーと思えるか?もう、何からしたらいいのか訳がわかりません。
とにかく、何か口を開けばいつも人を傷つけてる自分が嫌です。

むーむーさん

急がば回れ

ご相談ありがとうございます。

>自己肯定感も低ければ、罪悪感も強く、他人軸です。
>何からすればもっと自分にオッケーと思えるか?もう、何からしたらいいのか訳がわかりません。
>とにかく、何か口を開けばいつも人を傷つけてる自分が嫌です。

うーん・・・全体的に行き詰まってしまった感じですね。
どうしたら良いか分からない!!という時は、まずは私は『何もしない』ことをオススメします。

>とにかく、何か口を開けばいつも人を傷つけてる自分が嫌です。

今のむーむーさんって、あれもこれもどれもが原因に思えて、その全て自分が悪いような気がしてしまっている状態ですよね。
こういう時って、何かしようとしても『どうせ私が悪い』という前提で行動してしまうので、あまり良い結果は生まないと思うんです。
そして行き詰まっている時って焦りますよね。気持ちばかりが先走って、心に余裕がなくなってしまいますよね。

なので、行き詰まってしまった!!と思った時こそ。

頭を空っぽにして、何もしない

ことをオススメします。
急がば回れ!です。
温泉に行っても良いし、マッサージを受けても良いし、大好きなアロマを使ってお風呂に入ったりしても良いし・・・
そうやって頭を空っぽにすることで、行き詰まってしまって焦っているご自身に余裕を取り戻させてあげましょう。

他には自分が夢中になれる趣味に没頭することもオススメです。
時間を忘れてしまうほど、むーむーさんが好きなことってありますか?
私はモノ作りが好きなので、何かを作っている時はあっという間に時間が経ってしまいます。
何かに没頭している間って、他のことを考えたりしないですよね?
なので、頭を空っぽにすることと同じ効果があると思いますよ。

あ。
モノ作りやアロマがお好きな方がいらっしゃったら、私の主宰しているアロマの教室にお越しください。
私のお教室のホームページをご紹介しておきますね。

まとめると・・・
何かに行き詰まったら、まずは頭を空っぽにすること!
・温泉
・マッサージ
・アロマ
・趣味 などなど・・・

一度、ご自身がぎゅぅっと握り締めている問題(もう、むしろ執着していると言っても良いかもしれません)から距離を取りましょう。
そして、心に余裕を取り戻しましょう。

罪悪感はどこから?

で。
心に余裕を取り戻したら、改めてご自身の問題と向き合ってみましょう。

今回のむーむーさんのご相談を読んでいて気になったのは、今のむーむーさんと彼氏さんって・・・どちらも罪悪感を抱えていませんか?
まさに『パートナーは鏡』の典型だと思うんですけど、彼は付き合った当初、他の女性と連絡を取っていてむーむーさんを傷つけたことに罪悪感を感じていますよね。
そしてむーむーさんはむーむーさんで、何か大きな罪悪感を抱えているようです。

>今まで真剣に付き合った人(結婚も含め)3人しかいませんが、どの人も長く付き合う割には信頼関係が築けていないのか、うまく行きません。
>こんなに反省して行動にもしてくれてるのに、私は疑ったり、酷いことを言ったりしてしまいます。こんな自分では嫌だろうなと思って、いつも別れた方がいいのかばかり考えます。

・私は誰と一緒になっても幸せになれない
・私と一緒にいる人は不幸になってしまう
私はむーむさんの中には、罪悪感によるこんな思い込みができているように感じました。

むーむーさんの罪悪感って、どこから来たのでしょう?

ちょっとピンポイントになっちゃうのですが・・・

>バツイチ37歳です。

って、むーむーさんは書いてくださっていますが・・・これって何で『バツイチ』って書いたのでしょうか?
別に『37歳独身です』でも良いわけですよねぇ??
でも、ここで『バツイチ』って書いたってことは・・・きっとそれを突っ込んで欲しいということなのでしょう!(と、勝手に解釈しました。笑)

むーむーさんの結婚はどのようにして終わりを迎えたのでしょうか?
離婚で受けた傷は癒えていますか?
元旦那さんに罪悪感を感じていませんか?

過去の傷が癒えていない場合、また同じように傷つきたくない!と潜在意識が思うので、自分が傷つかないような行動を取ったりします。
また過去に誰かを傷つけてしまった罪悪感がある場合は、自分の大切な人を傷つけないように遠ざけようとします。

むーむーさんが何度も彼に『別れよう』と言ってしまうのは、もしかしたら『また傷つきたくない』という気持ちや『大切な人を傷つけたくない』という気持ちがあるからかもしれませんね。

>自己肯定感も低ければ、罪悪感も強く、他人軸です。

これも、離婚が発端かもしれないなぁ・・・と私は感じました。

離婚の時に誰かからむーむーさんの自己価値を下げるようなことを言われたりして、自己肯定感が下がったのかもしれません。
または、そもそも離婚したこと自体がむーむーさんの自己肯定感を下げたのかもしれません。
他人軸になってしまうのも、前のパートナーとの関係なのか、罪悪感のせいなのかも・・・

ここは一度、結婚時代をクローズする意味でも、前の結婚と向き合ってみることをオススメします。

土台がぐらぐらだと、その上にいくら立派な家を建てても、いつ崩れるか分からずに不安ですよね。
なので、ここでも『急がば回れ』ですが、自分の土台を見直すところから始めてみませんか?

私は離婚経験者でもありますし、夫婦問題を扱うカウンセラーですので、もし良ければお話を聞かせてください。
離婚後の恋愛についても、実体験からのアドバイス(笑)がたんまりありますので♡

自己肯定感、罪悪感、他人軸・・・
世の中には色々なワークや向き合う方法がありますが、すぐにそれに飛びつくのではなく、まずはご自身の心の余裕を作ること、そして次はご自身の土台から見直される方が最短ルートになるかな?と私は思います。
むーむーさんのペースで進めていってくださいね。

ご相談ありがとうございました。

==============
・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!
・スバっと言ってもらいたい!
・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

そんなあなたをお待ちしています♡

対面セッション【池袋・オンライン】
体験セッション60分:9,800円(税込)
※お悩みに合わせたアロマを使用した アロマハンドトリートメントつき♡(対面のみ)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今すぐセッションに申し込む

【インスタ始めました!】
良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】
LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

竹内えつこのプロフィールはこちら

Studio Souは東京 池袋・目白にあるカウンセリングルーム。
恋愛・夫婦問題・パートナーシップ・人間関係に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【人間関係】モラハラのトラウマから逃れたいです【お悩み相談】…

  2. 【自分自身】カウンセリングを受けてきましたが、ここ最近しっく…

  3. 恋の練習

  4. 『恐れ』を乗り越える為にできること

  5. 第1回 カウンセリングバー 無事に終了しました!

  6. 【ライフワーク】焦燥感がなくなった後の自分が本来の自分なので…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP