【人間関係】友人が少ないコンプレックスを手放したいです【お悩み相談】


こんにちは。

【生きづらさを自分らしさへ 潜在意識から生まれ変わる】

ライフビジョン カウンセラー 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが回答する、無料お悩み相談掲示板です。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

過去や人へのコンプレックス・執着から抜け出せずにいる

こんにちは。
何度かご相談させていただいたことがあります。いつも 温かいご回答をありがとうございます。励みにして日々自己研鑽に努めています。

今回 ご相談させていただきたいのは、友達が少ない虚無感やそれと関連したコンプレックスから抜け出せずにいる思考(執着?)を手放したいという内容です。

私は25歳女ですが、友達が少なく、3、4カ月に1度 友達とご飯に行ければ良い方(コロナ関係なく)です。

しかも相手から誘われることがなく、自分から誘わなければ、会ってくれる人がいません。

また 学生時代から友達が少ないことに関連して次のようなコンプレックスもあります。

・学生の頃、医療系の大学に通っていて空きコマなどないほど忙しかったこともあり よくある学生としての経験(友達と飲みやカフェ巡り、サークル活動、バイト、おしゃれして垢抜けるなど)をしたことがない。

・上記の結果、社会人3年目になった今でも「おしゃれなお店や美味しい店など全く知らず 話について行けない・話を振られると困る、自分がどのくらいお酒を飲めるのかも知らない、世間知らずすぎる、とにかく友達が少ない」という、私にとっては窮地に追い込まれている状況です。

休日に、何の予定も入れずに一人でいる方が楽だと感じる時もよくありますが、ここまで友達と会うことのない/会おうと言ってもらえないことがとても孤独で虚しく思えるし、寂しくて吐き気がします。

自己肯定感を上げるために日々試行錯誤しているので 認めたくないと思ってしまいますが、「友達が少ない・誘ってもらえない・友達との楽しい思い出が無い=自分の存在価値が分からない」と思っている自分がいます。

ただ、仕事や日々に集中していると このコンプレックスや執着は忘れられることがよくあります。

しかし、数少ない友達や、職場の先輩から大学時代の思い出話を聞いたり、この前友達と会って〇〇して楽しかった!などのキラキラした話を聞くと蓋が開いたように 一気にネガティブな感情が流れ込んできて毎回苦しいです。

自分で蓋をして 見て見ぬ振りしていただけで、このコンプレックス・執着は全然救われていないな、癒せてあげていないな と毎回感じます。でも、毎回上手く処理できずにくすぶっています。

自己肯定感を上げようとしている中で いつもこの問題には足を引っ張られています。
このコンプレックスや執着を どのようにすれば手放すことができるでしょうか。

長文になってしまい、すみません。
ご回答いただけると幸いです。

ゆんちょさん

私らしい距離感

ご相談ありがとうございます。

私もゆんちょさんと同じく、友達は決して多い方ではありません・・・と言うか、めっちゃ少ないです。

私は大学生の時はアルバイト(バーテンダー)に精を出しまくっていたので、大学3-4年の時は週1-2コマの講義を受ける為だけに行っていました。

まれに所属していたサークルの部室に顔を出すと『ええええつこさんが来た!!!!』と、後輩からは絶滅危惧種の動物に遭遇したかのようなリアクションを取られる始末^^;

大学卒業後はバーテンダーとして働いていたので土日はお仕事でしたし、そもそも昼夜逆転生活で普通の人と生活時間帯が合わなくなってしまったので、学生時代のお友達とはすっかり疎遠になってしまいました。

なので、私とゆんちょさんの境遇ってなんとなく似ているなぁと、ご相談を読んで勝手に親近感を覚えました^ ^

ゆんちょさんは

・お友達が少ないこと
・お友達から誘ってもらえないこと
・学生らしい学生時代を送ってこなかったこと
・おしゃれなお店や美味しいお店などの話題についていけない

ということをお悩みということですが、そもそもゆんちょさんらしい人付き合いの仕方ってどんな感じなのでしょうか?

>休日に、何の予定も入れずに一人でいる方が楽だと感じる時もよくありますが、ここまで友達と会うことのない/会おうと言ってもらえないことがとても孤独で虚しく思えるし、寂しくて吐き気がします。

こう書いてくださっているので、ゆんちょさんは意外と一人の時間も好きなのかなぁと思うのですが、どうでしょうか?

ちょっと想像してみてください。
毎週末、色々なお友達から誘われて、ランチやお茶やお買い物に行っている自分を。
お友達から頻繁にLINEのメッセージが届いて、マメにやりとりしている自分を。

その生活が、これからずっと続くとしたらどうでしょう?

もしかしたら『・・・ちょっと一人になりたいかも・・・』って思いませんでしたか?

ゆんちょさんらしい人との距離感、人付き合いの仕方ってどんな感じなのでしょう?

今のゆんちょさんは3-4ヶ月に一回お友達と会うのでは少ない・・・と感じていらっしゃるのですよね。
それでは、どれくらいの頻度でお友達と会うのが理想的なのでしょうか?

一度『私らしい』距離感について考えてみましょう。

誰が寂しさ・孤独感を癒す?

お友達は多い方が良い
自分から誘うよりも、お友達から誘われる方が良い
お友達との思い出はたくさんある方が良い

これを決めたのは誰でしょうか?

もしかしたら、『普通は・・・』とか『周りから見たら・・・』とか、他人軸な発想だったかもしれませんね。

それが高じて

>友達が少ない・誘ってもらえない・友達との楽しい思い出が無い=自分の存在価値が分からない

こういう考えになってしまったのかもしれません。

または、ゆんちょさんが感じている寂しさや孤独感をお友達が癒してくれる、お友達に癒して欲しいと考えているからかもしれません。

でも・・・残念ながら、孤独感や寂しさは誰かが癒してくれたり満たしてくれるものではないのです。

お友達がたくさんいても、孤独な人もいます。
誰かと一緒にいても『寂しい』と思う人もいます。

ゆんちょさんが孤独で虚しく感じたり、寂しくて吐き気がしてしまうというのは、もしかしたら自分自身とのつながりが切れているからかもしれません。

寂しさ・孤独感を癒す方法についてはこのブログもご一読ください。

↓↓↓この本もぜひ!!!!↓↓↓
根本裕幸著「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」(Amazon)

こんな動画もあります!

・・・って、過去の自分と根本カウンセラーの本に回答を丸投げ状態なのですが(汗)ゆんちょさんが『寂しい』と感じているその自分の感情を、自分がちゃんと見てあげることができたら、寂しさを誰かに埋めてもらおうとは思わなくなると思います。

それが自分とつながるということです。

『私、できないから誰かやって!!!』と、自分は何もせずに言うのは依存的ですよね。

お友達に『私、寂しいからもっと誘って!』と、自分は何もせずにいるのも、同じく依存的なのではないでしょうか。

私は友人関係は対等なものだと思います。

自分の寂しさに自分で向き合うことで、ゆんちょさんがお友達に求めるものも少し変わってくるのではないでしょうか。

コンプレックスを魅力と才能に変える

最後にコンプレックスとの上手な付き合い方についてお話ししたいと思います。

私はコンプレックスの裏には魅力や才能があると思っています。

ゆんちょさんは

・お友達が少ないこと
・お友達から誘ってもらえないこと
・学生らしい学生時代を送ってこなかったこと
・おしゃれなお店や美味しいお店などの話題についていけない

こんなコンプレックスを持っていらっしゃいます。

このコンプレックスを違う角度から見てみましょう。


お友達が少ない、お友達から誘ってもらえない →  人とのつながりをとても大切に思っている  →  人とのつながりを作る才能がある

人とのつながりを大切にしているからこそ、ゆんちょさんは悩んでいるのではないでしょうか。

逆に考えると、そこまで悩めるということは、人とのつながりを作る才能があるということなのです!!

『え。でも・・・私、お友達少ないし・・・』と、ゆんちょさんはおっしゃると思うのですが、それは違います。

ふと思ったのですが、もしかしたらゆんちょさんがここを変えたら、今よりももっとお友達ができるかもしれません。

変えるポイントはここです。

お友達を作る場所を変えてみませんか?

共通言語で話ができる環境や、共通の趣味を持っている仲間を探してみるのはどうでしょうか?

私は今は心理学仲間のお友達と、自分がやっているアロマ教室の生徒さんが主なお友達です。

心理学仲間とは心理学という共通言語で話せますし、アロマ教室の生徒さんは私と趣味が同じですよね。

なので、ゆんちょさんも何か趣味のコミュニティなどに参加して、共通点がある人をお友達にすると良いのではないでしょうか?

趣味が同じだと『今度、ここに一緒に行かない?』と、お互い誘いやすくなると思いますよ。

そうやって、自分が好きなものを中心に人とのつながりを作っていくのも素敵だと思いませんか?


学生らしい学生時代を送ってこなかった → 自分のやりたいことに力を注いでいた →  誰にも真似できない個性や強み、オンリーワンの存在

ご自身では『学生らしい学生生活を送れてない私なんて・・・』って思われていると思いますが、ゆんちょさんはその代わりに勉学に没頭してそれが今のお仕事につながっているのですよね。

それって・・・私はゆんちょさんの個性であるし、魅力でもあると思うんです。

私は学生時代はバーでバイト三昧で、学生らしい学生生活はあまり送ってきませんでした。
でも、その経験が今に生きていますし、元バーテンダーというのが私の個性だとも思っています。

ゆんちょさんも、オンリーワンな存在なのです♡
自分の個性や強みを認めることで、もっと自己肯定感が上がってくると思いますよ!


お店の話題についていけない → 人に教えてもらうことができる → 人が役に立つ機会を与えることができる

話題についていけない、色んなお店の情報を知らないのは悪いことではありません。

ただ、今はまだ知らないだけなのです。

これから知ることができるということは、伸び代は無限大!!!ということです。

そしてそれだけではなく、逆にお店の情報をよく知っている人から教えてもらうこともできますよね。

きっと、お店に詳しい人は自分のオススメのお店をゆんちょさんに紹介することで『人の役に立てた!』と思って嬉しいと思います。

知らないことは恥ずかしいことではないし、人に与える機会を作ってあげることにもなるんです。

そして『そのお店、行ってみたい!今度、一緒に行こうよ』と、お友達を誘うこともできますし、逆にお友達から『じゃぁ今度、一緒に行ってみる?』と、誘ってもらいやすくもなりますよね^^

一石二鳥(?)ではないでしょうか。

>このコンプレックスや執着を どのようにすれば手放すことができるでしょうか。

コンプレックスは視点を変えることで、自分の魅力や才能を発見することができます。

そして、そんな自分の魅力や才能を受け取ることができたら・・・その時、コンプレックスは手放せるのではないでしょうか。

ご相談ありがとうございました。

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

==============

・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!

・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

・モヤモヤした悩みを根本からズバッと解決したい!


そんなあなたをお待ちしています♡


ヒプノカウンセリング 【東京 恵比寿・オンライン】

※お悩みに合わせたアロマを使用した アロマハンドトリートメントつき♡(対面のみ)


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カウンセリングンメニューを見る




☆★☆お知らせ☆★☆

このブログの更新情報などをメルマガでお届けします!


メルマガは

・お悩み相談 / ブログ
・今日の【恋愛のお作法】
・メルマガ読者限定セッションのお知らせ
・セミナー情報


などの内容でお送りします。
ほぼ毎日20時頃にお届けします。


ご登録はコチラからどうぞ!


Studio Sou 竹内えつこ メルマガ登録


【インスタ始めました!】

良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】

LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。

お友達登録お願いします♡

友だち追加


もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ


竹内えつこのプロフィールはこちら



Studio Souは東京 恵比寿にあるカウンセリングルーム。

人間関係・パートナーシップに関するカウンセリング、悩み相談を行っています。

ヒプノセラピーを使って様々な問題を潜在意識からズバッと解決する 提案型カウンセリングです。

Studio Sou HP

アメブロで恋愛テクニックに関するブログを書いています。

ダメンズ・2番手の女はもう卒業!20年以上彼氏が途切れない! モテ女 恋愛心理カウンセラーが教える【恋愛のお作法】

Amebaブログはこちら

関連記事

  1. 【恋愛】婚約していた彼が忘れられません【お悩み相談】

  2. 【恋愛】『あなたが会いたいなら会いたい』という不倫の元彼の心…

  3. 【来週開催!】全てを手に入れたい欲張りな女たちへ!女子力をゴ…

  4. 【恋愛】ネット上で会った彼に片思いしていますが、相手はロック…

  5. 【動画】離婚後の婚活ってどうする?【カウンセラー対談】

  6. 自己肯定感を上げる3daysプログラム ファシリテーターとし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP