【自分自身】女性としての自覚がありません【お悩み相談】


こんにちは。生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

女性としての自覚がない

はじめまして。
あきらと申します。

私は今大学生なのですが、
女性としての自信や自覚を感じられず
これでいいのかという思いを抱いて
日々を過ごしています。

外見や女性らしさを磨くことに関して、
「コイツを落とす」というように
武器として使用する目的があるときしか頑張れず、
武器としての威力を高めた達成感はあっても、目的なくただそうすることを喜ぶという感覚がわかりません。

幼い頃から男の子とばかり遊び、
女の子とは仲良くしようとしてもうまくいかないことが多かったです。
実際に今も、男性と話しているときに
「話しやすい。女性と話しているとは思えない」と言われ、音質の悪い電話で話せば男だと思われてしまいます。

しかしながら、生理も来るし、
顔も体型も自分で言うのもどうかと思いますが女性らしい優しげなもので
大人しそうな印象をもたれます。

そのためか女性からのひがみや
男性からの「強い男性性の代わりに弱い女性性を攻撃される」現象らしきものが多発し、更に女性性が弱まるというループを感じています。

また、親にも成績や強さばかり求められ、
仕事人間の父親不在の家庭で
母には精神的に依存され
父には跡継ぎとしての厳しい教育を受けて、長男のような感覚で育ちました。

周りにも、
元々向こうから苛烈な嫌がらせや
口論を仕掛けてきたのに
こちらがやめてと言ったり、
当然の反論をすると
「私/僕は弱いし恵まれてないの!あきらちゃんは恵まれてるし強いよね……?だから、私/僕のこといじめないでね!」と、
加害者側なのに被害者ぶる態度をとる人が時々いて、強く見られているようです。

そういった環境が
私を女性の皮を被ったできそこないの男性のようにしているのかわかりませんが、
「女性として云々」という話をされると
「あ、そういえば自分は女性ということになってるんだった」と
思い出すような感覚があり
女性としての自覚がありません。

せっかく武器を磨いて落とした男性にも、
子供的な可愛さと外見は提供できても
女性であるということは提供できないし
自分も彼を親代わりにしている気がします。

このような状況で女性としての自覚や
女性を楽しむということは
どのようにすればできますか?

長々と申し訳ありません。

あきらさん

中身は男性問題

ご相談ありがとうございます。

見た目は女性らしいけど、中身は男性

ってことですね!!
うわぁ〜!!分かりますよ〜!!!分かります分かります!!!
私も見た目は女性らしいと言われるのですが心は燻し銀の武士なので、あきらさんのお気持ちとっってもよく分かります。

男性と話す方が楽なのは、あきらさんが『思考優位』なタイプだからだと思うんですね。
感情を共有するよりも、知識や情報を共有する方に魅力を感じませんか?
人の話を聞いていて『で?』って結論を促してしまうこと、ないですか?

>外見や女性らしさを磨くことに関して、「コイツを落とす」というように武器として使用する目的があるときしか頑張れず、
>武器としての威力を高めた達成感はあっても、目的なくただそうすることを喜ぶという感覚がわかりません。

あきらさんはご自身の魅力の使い方をよくご存知なのですね。
でも使い方は知っているけど、持て余している感。。。
目的があったら使うけど、それ以外はどうしたらいいのか分からないって感じですよね。

もうご自身の外見的魅力を『武器』と言い切っている潔さ!

分かるわぁ(しつこい)
私も『コイツを落とす』と決めたら、自分の外見的な魅力を最大限に活用しつつ、いかなる手段を使っても目的を達成しますもの!ある意味、魅力は武器だよ武器!!

>顔も体型も自分で言うのもどうかと思いますが女性らしい優しげなもので大人しそうな印象をもたれます。

でも、蓋を開けてみたら『男らしい』ってギャップにみなさん驚かれるのでしょうか?

私は先日、打ち合わせをした男性から私のカウンセリングスタイルについて
『やっぱり竹内さんは優しく傾聴して、お話しを受け入れつつアドバイスするって感じなんですよね?』
と言われましたが・・・
『え?スバッと言っちゃうタイプですよ』と答えたら、すごくビックリされました。
ちっ!みんな見た目に騙されるなよ!と常々思います。

でも・・・女性らしさを武器のように使えても、それだけだと虚しいですよね。
せっかく女性に生まれたんだもの。
女性である自分を楽しみたいと思いますよね。

ギャップはギャップで良いけれど、ご自身が自分の女性性を受け入れられれば・・・もっともっと人とのコミュニケーションもしやすくなると思います。

>そのためか女性からのひがみや
>男性からの「強い男性性の代わりに弱い女性性を攻撃される」現象らしきものが多発し、更に女性性が弱まるというループを感じています。

これはあきらさんの中の女性性をご自身が封じ込めていることから起きている現象だと思います。

ちょっと!女性性はここにあるんだから!!ちゃんと気づいてよ〜!!!

という女性性の叫びと言いますか、あきらさんの潜在意識の叫びと言いますか・・・
ご自身の女性性に気づいて受け入れる為にこの現象が起きているとしたら、どう思いますか?

え?
私、女性性は弱いけど?
と思いますか?(そう書いてくださってますけど)

いいえ。
男性性が強い人って、同じだけ女性性も強いんですよ!

ビックリですか?

まずはそれを知っておいてくださいね。

上手に男性性と女性性のバランスが整うと、きっと周りとのコミュニケーションもうまくいくと思いますよ。

自分の人生を生きる

>また、親にも成績や強さばかり求められ、仕事人間の父親不在の家庭で母には精神的に依存され父には跡継ぎとしての厳しい教育を受けて、長男のような感覚で育ちました。

子どもの頃からあきらさんは『女性』でありながらも『男性』として生きていくことを望まれたようですね。
そして、お父さんがあまり家庭にはいなかったのでお母さんから頼られて、あきらさんは『自分が強くなってお母さんを守らなければ!』と思ったことでしょう。
ご自身の中の男性性を精一杯使って、生きてきたのではないでしょうか。

でも・・・まだ『長男』であり『お母さんを守る』ことを続けたいですか?

私からのご提案は

長男でありお母さんを守るポジションから降りる

ことです。
あきらさんは今もまだ(親元にいる?大学生だから仕方ないかもしれないけれど)ご両親の為に生きているのではないですか?
長男であること、お母さんを守り続けること・・・これはあきらさんの望んだ人生なのでしょうか。
そろそろ、ご両親の為の人生からご自身の人生を歩み始めませんか?

お父さんがあきらさんを長男的な育て方をしたのはなぜでしょう?
大人になった今なら、お父さんの気持ちが分かるのではないでしょうか。

もしかしたらお父さんは自分が家庭にいないことに罪悪感があり、あきらさんに家を守ってほしいと期待したのかもしれません。
もしかしたらお父さんは自分の跡継ぎがいないことにずっと自信を失っていたのかもしれません。それで生まれてきたあきらさんに期待したのかもしれません。
もしかしたらお父さんは跡継ぎを作らないと自分が存在した意味がなくなるような、そんな気持ちを持っていたのかもしれません。

そでもれはお父さんの気持ちであり、あきらさんの気持ちではありませんよね。

そして、大人になったあきらさんから見て、お母さんはまだ『守らなければいけない』存在でしょうか。
意外と一人でも生きていける女性なんじゃないですか?
お母さんは今もあきらさんに依存的に生きていますか?

私からのオススメのアファメーションです

私は私、お父さんはお父さん、お母さんはお母さん
お父さんは私がいなくても幸せになれる
お母さんは私がいなくても生きていける
私は私の人生を生きる
私は女性として生きる
私は女性として幸せになる

ぜひ繰り返し続けてみてくださいね。

>自分も彼を親代わりにしている気がします。

これにも効果があるかと思います。
いつまでも『子ども』のポジションでいるのはやめて、一人の大人として歩んでいきましょう。

女性性との付き合い方

>そういった環境が私を女性の皮を被ったできそこないの男性のようにしているのかわかりませんが、
>「女性として云々」という話をされると「あ、そういえば自分は女性ということになってるんだった」と思い出すような感覚があり女性としての自覚がありません。

うーん。
これって・・・自分で自分の女性性に気づかないようにしているだけなんじゃないかなぁ・・・って思うんですよね。
今のあきらさんが『女性』であることを認めてしまうと、どこかご両親を裏切っているような気持ちになってしまうのかもしれませんね。

女性性って無理やりに作るものではなくて、ただ『ある』ものなんだと思います。

冒頭で私も自分の男性性がいかに強いかという話をしましたが・・・パートナーの前ではただにこにこしている『女性』な私もいます。
女性性とうまく付き合うコツは、無理せず、自分が心地いいと思うことをしていけば良いと思います。

女性性は

共感
受容
感覚
感性

などです。
自分の内側に向けたものですね。

なので、自分が心地よいと思うものを感じる(音楽でも、香りでも、感触でも)だけで良いと思います。
ポイントは『考えない』ということです。
ただただ、あることを感じてください。

個人的にはアロマを使った呼吸法などが良いかなぁと思います。
あきらさん、マインドフルネスってご存知ですか?
すごくざっくり言うと『今あることに意識を集中すること』なんですけど、呼吸を使うなら自分の呼吸にだけ意識を集中します。
一種の瞑想のようなものですが、そこに香りを加えることで『感じる』力が高まると私は思います。

私のセッションでは最後に必ずアロマを使った何かを作ってお持ち帰りいただきますので、それを使って『アロマ呼吸瞑想』をしても良いと思います(と、さりげなく自分のセッションを宣伝する私。でもアロマグッズ作りは好評なんですよ〜)
私も思考優位な男性性強めなタイプなので、アロマの香りを『感じる』ことを日々続けています。

考えちゃダメ!
そのままのあきらさんで良いんです。
男性性が強い私も私。
女性性に抵抗を感じる私も私。
それで良いんです。

何も否定せずに自分の気持ちを感じ続けていくと・・・いつの間にか女性性と男性性のバランスが取れていくと思います。

あきらさんがご自身の女性性とうまく付き合っていけますように!
女性性ってそんなに悪いもんじゃないですから!(笑)

ご相談ありがとうございました。

========
お得な春のキャンペーン☆★☆春のえつこ祭☆★☆のお申し込みはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐ【春のえつこ祭】に申し込む

LINE@ではぷちお悩み相談をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

私に直接ブログや動画でに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!
メールはこちら

開けない方は
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

Studio Souは東京 池袋・目白にあるカウンセリングルーム。
恋愛・夫婦問題・パートナーシップ・人間関係に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 根本裕幸・大塚あやこ・立花岳志トリプルカウンセラーコラボセミ…

  2. 【夫婦関係】理論派の夫と感情的な私のコミュニケーションがうま…

  3. 【夫婦関係】男性に対して嫌悪感と同時に、求められると嬉しいと…

  4. 未来の私から今の私へ

  5. 【恋愛】最近知り合った男子がちょっと違うタイプで、どう振る舞…

  6. 【恋愛】離婚後の恋愛に悩んでいます。元夫と比べて、今の彼は面…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP