【夫婦関係】不倫しているくせに私に怒り狂う夫が理解できません【お悩み相談】


こんにちは。離婚・浮気・不倫・モラハラ・・・夫婦問題、恋愛のお悩みをズバッと解決! パートナーシップ コンサルタント竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

とにかく怒る夫

とにかく、何をしてもすぐに怒る夫で、正直まいっています。

夫の実家がボロボロで、住み替えを検討し、もう申し込みという段階まで来ています。
そこにたどり着くまでに、

メールの書き方が悪い、伝わらない、
なんで俺の行ったとおり書けないのか、
なんで言ったとおりのことが聞けないのか、
全く役に立たない

と散々言われ続け、心身共に疲弊しています。

直接夫が両親に話をすると衝突するからという理由です。

まあ、正直なところ本当に世間知らずの両親で、
地方のハイクラスマンションなのに、狭いを連呼し、
いざ、申し込みの時に、西日が気になるといい始めるほどです。

夫は不倫をしていて、不倫相手にマンションをあてがっています。
(名義は夫のようです。私はマンション購入の兼は知らないと思っています。)
そのため、ローン審査が通らない可能性が高いので
(とは言わず、自営業だからといっています。)
正社員である私の名義でローン審査をすることになり、
その書き方ひとつ、日付が抜けただけで怒ってます。
正直、私が何か怒られることをこの一連でしているとは全く思えません。

普段から、とにかく、自分の言ったとおりに動かないってことにすぐ腹を立て
すごい指摘をし続けます。

申告した買い物以外をする、
聞き方が悪い、
モタモタしている、

ふつうに、これ抜けてたよ、忘れてるよ?
といえば良いだけのことなのに、ものすごい形相で語気が強くなります。

なんで、不倫もして、怒り狂われているのかさっぱり分かりません。
不倫相手にもこんなに怒っているのか、なぜそこまで言われないきゃいけないのか
本当に納得がいきません。
仕事も同じですし、離婚はなかかな考えられない状況ではありますが、
どうにかならないものでしょうか…

やまさんさん

◯◯がない人ほどよく怒る

ご相談ありがとうございます。

怒る人・・・嫌ですよねぇ。

私の元夫も事ある毎に怒っていました。
元夫の場合は語気荒く怒鳴り散らすよりも、ネチネチ言ってくる感じで(しかもその後、なかなか機嫌が治らない)・・・私がそれがすごく嫌でした。

なので『なんでそこまで言われなきゃいけないのか分からない』とおっしゃるやまさんさんのお気持ち、とってもよく分かります!

>仕事も同じですし、離婚はなかかな考えられない状況ではありますが、
>どうにかならないものでしょうか…

そうですよね。

でも。
この『どうにかなる』ということを『旦那さんが怒鳴らなくなる』とするのは難しいかもしれません。

なぜなら人の気持ちや行動をコントロールすることはできないからです。

なので、今回は旦那さんをどうにかするという視点ではなく、やまさんさんご自身の捉え方を変えることでこの問題をどうにかしたいと思います。

今回のやまさんさんのご相談を読んでいて私が率直に思ったのは

弱い犬ほどよく吠える

ということです。

あっ!!
人の旦那さんに向かって『弱い犬』呼ばわりして本当にすいません!!!!(汗)

ええと・・・
犬じゃなくて、人に置き換えるとこうなります。

自信がない人ほどよく怒る

これだったら失礼にはならないでしょうか(^^;

これはどういうことなのかと言うと、自分に自信がない人は人から責められることを極端に怖れます。
その為、自己防衛として怒りを使うことがあります。

自分に自信がない → 人から責められたくない → 自分が責められないように、人を責める(怒る)

こういう流れになっているのです。

人を責めている(怒っている)間は自分が責められる(怒られる)ことはありません。
そして、人を責めている(怒っている)間だけは、自分が一番見たくない自分の弱いところ(自信のなさ)を見なくて良いのです。

更に。
人を怒るということは『自分は正しい!』という主張でもあります。

自分に自信がない人は『自分は正しい!』と思いたいし、そう思わないと自分が潰れてしまうのです。
なので、正しさの主張をするために人のアラを探して怒鳴りつけるのです。

やまさんさんの旦那さんも、もしかしたら自分の自信のなさを隠すために怒りを使っているのかもしれません。

罪悪感を怒りで誤魔化す

次の可能性としてはこれです。

>夫は不倫をしていて、不倫相手にマンションをあてがっています。

旦那さんは不倫をしている罪悪感から、やまさんさんに怒りをぶつけているのかもしれません。

旦那さんは結婚当初から怒りっぽい方だったのでしょうか?
もしかしたら、不倫を始めた頃から怒りっぽくなったのではないでしょうか?

旦那さんの心理はこんな感じです。

不倫をしていることへの罪悪感 →  感じたくない →  でも日々募る罪悪感 →  辛いよぅ・・・ → そうだ!自分じゃなくて、不倫をさせたお前が悪いんだ!! → やまさんさんへ怒りをぶつける

もしかしたら旦那さんは、罪悪感を感じたくなくて怒りをぶつけることで誤魔化しているのかもしれません。

>申告した買い物以外をする、
>聞き方が悪い、
>モタモタしている、

こんなに俺の言うことが聞けないお前だから、俺が不倫しても仕方ないよな!??

と、罪悪感で自分が潰れないように、心の中で自分の不倫を正当化しているのかもしれません。

夫婦は鏡

やまさんさん。
ここまで読んでいただいて、どう思われましたか?

・自分に自信がない
・不倫による罪悪感を感じている

こんな旦那さんをどう思われますか?

ここからはやまさんさんの選択です。

『アホか!』と思って、今後は旦那さんの怒りを一切取り合わないというのも一つの手です。

もう一つは『そんなに自分に自信がなかったんだ・・・』『罪悪感で潰れそうなんだ・・・』と、少し上からの視点で旦那さんのことを考えてあげることもできると思います。

相手からの怒りを受けて自分も同じように怒っていると、相手と自分のレベルが同じなのでどうすることもできません。

やまさんさんが自分の立ち位置を少し旦那さんより上に持っていかれると(上から目線とか、旦那さんを見下すという意味ではなく)この出来事を客観視できると思いますよ。

やまさんさんがご自身を少し上の視点に移すことで・・・

・旦那さんが自分に自信がないから怒っているのだとしたら、私にはどうしてあげることができるだろうか?
・旦那さんはなぜ、そんなに罪悪感を抱えてまで不倫をし続けているのだろう?

こんな風にも考えてあげられるのではないでしょうか?

そして、最後にこの言葉をやまさんさんにお伝えしておきますね。

夫婦は鏡

パートナーの問題は、実は自分自身の問題なのです。
もしかしたら・・・

・やまさんさんも旦那さんと同じように自分に自信がないのかもしれません。
・やまさんさんも旦那さんと同じように罪悪感を抱えているのかもしれません。

>仕事も同じですし、離婚はなかかな考えられない状況ではありますが、
>どうにかならないものでしょうか…

今は離婚は視野に入れていないということなので、できれば家庭内の雰囲気は良くしたいですよね。

夫婦は鏡なので、怒り狂っている旦那さんだけが問題なのではなく、やまさんさんご自身にも向き合うべき問題があるのだと思います。

私は夫婦問題を専門に扱っていますので、もし良ければご相談くださいね。
自分の捉え方一つで、夫婦関係がぐっと良くなりますよ^ ^

ご相談ありがとうございました。

==============
・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!
・スバっと言ってもらいたい!
・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

そんなあなたをお待ちしています♡

対面セッション【東京 恵比寿・オンライン】
※お悩みに合わせたアロマを使用した アロマハンドトリートメントつき♡(対面のみ)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
セッションメニューを見る

【インスタ始めました!】
良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】
LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

竹内えつこのプロフィールはこちら

Studio Souは東京 恵比寿にあるカウンセリングルーム。
離婚・浮気・不倫・モラハラなど、夫婦関係・恋愛に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【ライフワーク】3年間同じ職場で働いたことがありません【お悩…

  2. 【自分自身】すぐ人に合わせようとしてしまう【お悩み相談】

  3. 【夫婦関係】夫が何を考えているのかわかりません【お悩み相談】…

  4. 『恐れ』を乗り越える為にできること

  5. ☆動画☆【対談】カウンセリングって、いつ受ければ良いの?【心…

  6. 自分と向き合うこと⑤:子どもの頃の自分と出会う

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP