【夫婦関係】セックスレスにはなりたくないけど、なぜか気乗りしません【お悩み相談】


こんにちは。生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

セックスレスにはなりたくないけど…

こんにちは。
いつも様々なお悩みを楽しく拝見させていただいています。

主人とのセックスについてご相談です。

私が30歳、主人は37歳、主人とは結婚して1年、出会って1年半です。
な~んか、私があんまりセックスに気乗りしないのです。

主人に対して嫌悪感はなく
ハグして一緒に寝たりするのは大好きなのですが
いざそういう雰囲気になってもあんまりムラムラしないし
濡れてこないんですよね・・・。
主人がするぞって感じで覆いかぶさってくると
「お、おおう・・・」となってちょっと身構えてしまいます。
しても、痛みが出る時もあって
最後までできずに主人をがっかりさせたらどうしよう、と思ってしまいます。

しない夜のほうが正直、ほっとする自分がいます。
一緒に布団に入って、主人が求めてこないと
ちょっとラッキー!と思ってしまう・・。

主人と出会って間もない頃は私も自然と感情がのって
スムーズでした。

ただ、主人にも難点があるとすれば
ほぼ毎日秒速で寝落ちしてしまい、
一度寝落ちすると昼でも夜でも全く起きないことです。

仕事から帰宅すると速攻でソファで寝落ち・・・
休日も夕食が済むとそのままソファで寝落ち・・・

たまに起きていても
今度は私が疲れていたり、翌日早いので寝たかったり、全然気乗りしなかったり。

お互い仕事が遅いので、0時過ぎことがほとんど。
0時過ぎてからするのも翌朝ちょっとしんどい。

そんな感じで、この1年間、月1回程度です。
結婚してもあんまりしなくてもいいんだな〜と
ほっとしているわたし・・。

私も26歳くらいまでは
わりと性欲旺盛なほうで、求められればすぐに気持ちが盛り上がっていたのですが
ここ数年、めっきり性欲が落ち着いてしまったのか、
求められても「う~ん・・・面倒くさいなあ」というのが本音です。
するにしても、なんとか頑張っていっちょやるか、みたいな・・・(笑)

主人はおおらかな性格なので、
「週1くらいはしたいけど、
まあ、俺も寝ちゃうしな~」みたいな感じです。

私が
「いつも寝落ちするくせに、
自分が目が覚めているときだけするのはずるい。
私にだってタイミングがある」
と言ったときも

「そうだよね~」と言ってくれました(笑)

現状に不満があるというか、
いつかレスになって不仲になったり
それが原因で別れたりしたら・・・と不安になります。

子供についても、
主人は欲しいようですが、私はどっちでもいいかな、という感じです。
私は自分が親になるイメージがあんまりつかないんですよね~
でも子供は可愛いし、大好きです。

主人と結婚する前に付き合っていた彼氏とは
1年以上レスでした。

私が拒否して、元カレはしたい、状態でした。

元カレは性欲が強く、私も付き合った当初は
求められればすぐにドキドキしていたのですが
仕事の激務、結婚したいあまりに思いっきり元カレ軸での生活にストレスが溜まり
私が拒否するようになりました。

・本当は自宅でゆっくりしていたいけど元カレに「来てくれなきゃ嫌だ寂しい」と
ゴネられて金土日月とずーっと元カレ宅・・・
・映画や買い物に行きたいけど、元カレ宅でしてだらだらして一日終了・・・
・外出中もずっと体に触ってくる。しかも服の中に手を入れる。嫌だったけどやめてくれなかった
・旅行に行く時に、「生理と被らないよね?」といちいち確認される
・できないと明らかに不機嫌になり、プレッシャーに感じていた
・かなり振り回されたあげく、「レスだから結婚できない」と言われフラれる

元カレにはめちゃくちゃ嫌悪感を感じていました。
迫られると眠ってしまい、完全拒否でした。
最終的には触れられるのも嫌になっていました。

元カレ軸で、あんなに尽くしたのに、
疲れていても散々したのに、
なんだかんだ言って、私のこと体目的だったんだな・・・

と思い出してもイライラします(笑)

元カレとの経験で一時はそれ自体にうんざりしてしまい
行為に対してポジティブな印象が薄れつつあるのかな~
しなくていい安心感、があります。

本当に全くできないレス状態になって不仲になるのは嫌だし
今も嫌々まではいかないけど、ちょっと面倒だなって思いながらしてるので
せっかくのことなので、楽しめたらいいのになあ~と思います。

なんだか曖昧な相談で恐縮ですが
アドバイスいただけたら嬉しいです^^

Mさん

未完了の感情はありませんか?

ご相談ありがとうございます。

>しない夜のほうが正直、ほっとする自分がいます。
>一緒に布団に入って、主人が求めてこないと
>ちょっとラッキー!と思ってしまう・・。

わーかーるー!!!!
私もそんな時、ありました・・・(遠い目)
そしてセックスの回数が少ないことで、元旦那さんにキレられていました。。。
『嫌なもんは仕方ないじゃん!!』と、思うのですが・・・セックスの問題の裏側には、実は違う問題が隠れているのだと私は思います。
もちろん、私たち夫婦もそうでした。

Mさんの場合は『嫌じゃないけど、ない方が良いと思う』ということなんですよね?
まずはなぜMさんがそう思うようになったのか考えてみたいと思います。

まずは元彼さんのことが原因になっているのかなぁ?と私は感じました。

Mさんは元彼のことを思い出してもイライラするというくらい、まだ元彼への感情が残っているのではないでしょうか?

>・本当は自宅でゆっくりしていたいけど元カレに「来てくれなきゃ嫌だ寂しい」とゴネられて金土日月とずーっと元カレ宅・・・
>・映画や買い物に行きたいけど、元カレ宅でしてだらだらして一日終了・・・
>・外出中もずっと体に触ってくる。しかも服の中に手を入れる。嫌だったけどやめてくれなかった
>・旅行に行く時に、「生理と被らないよね?」といちいち確認される
>・できないと明らかに不機嫌になり、プレッシャーに感じていた
>・かなり振り回されたあげく、「レスだから結婚できない」と言われフラれる

この元彼の態度にも腹が立ったでしょうし(読みながら私もイラついてきました。笑)つい元彼軸になっていた自分にも腹が立っているのかもしれません。

前の恋愛で未完了の感情が残っている場合、次の恋愛にそれを持ち越してしまうことがあります。
『また同じようになったらどうしよう』または『どうせまた同じようになるに決まっている』と潜在意識が思い込むからです。

潜在意識が『また同じようになったらどうしよう』と思い込んでいる場合は、その状況を自然と回避しようとします。
潜在意識が『どうせ同じようになるに決まっている』と思い込んでしまったら・・・同じような状況を現実に作り出すのです。

Mさんがまだセックスに対してポジティブなイメージを持っていた(『セックスポジティブ期』としましょう)のは26歳ごろまで。
現在Mさんは30歳で、旦那さんと出会ったのが1年半前だとしたら28歳くらいだから・・・もうMさんにとっては『セックスネガティブ期』に入ってますよね。

それまでのMさんは『セックスポジ期』(略すことにしました)だったのに、元カレの影響で一気に『セックスネガ期』に・・・そして、旦那さんと出会っても未だ『セックスネガ期』を抜けられない・・・

ううむ・・・

これはやはり!
元彼への感情を手放す必要がありますね。
お恨み帳などで元彼への怒りを吐き出してみましょう。
そして、それと同時に元彼と付き合っていた時の自分に『頑張ったね』と言ってあげましょう。
きっと、Mさんはまだ元彼に対して怒りを抱えていて、そしてまだ傷ついているんだと思います。

まずは過去の自分の感情を解放したり、過去の傷を癒すところから始めるのはいかがでしょうか?

セックスレスにはどんな意味が隠れてる?

>元カレにはめちゃくちゃ嫌悪感を感じていました。
>迫られると眠ってしまい、完全拒否でした。
>最終的には触れられるのも嫌になっていました。

元彼に対してMさんが断固セックスを拒否していた『セックスネガ期』ですが、この『セックスを拒否する』って、Mさんにとってはどんな意味があったと思いますか?

私はMさんは『感情の表現』として『セックスを拒否する』という行動をとっていたのだと感じました。

元彼がムカつく!!! → だからあなたの求めるもの(セックス)はあげない!!!

こうしてMさんは元彼に怒りをぶつけていたのではないでしょうか?
※怒りの表現の形態としては『引きこもり』という怒りの表現方法になります。

今、Mさんが旦那さんに対して抱えている不満や怒りはありませんか?
旦那さんとのセックスを拒否することで、何かを旦那さんに伝えようとしていませんか?

旦那さんが浮気した! とか 旦那さんが約束を破った! とか、こういう原因が分かりやすい怒りではないかもしれません。
もしかしたら、日々の中での少しずつ何かの感情が積み重なって、今は大きくなっているのかもしれません。

>「いつも寝落ちするくせに、自分が目が覚めているときだけするのはずるい。私にだってタイミングがある」

このMさんの発言の裏にはどんな感情があるのでしょうか?
もしかしたら【怒り】以外にもあるかもしれませんね。

私はセッションでクライアントさんから『旦那さんとセックスレスなんです』というご相談をうかがう時があります。
セックスレスって色んな原因があるのですが、その中の1つに今お話ししている【感情の表現】というものがあります。

とあるクライアントさんの話ですが、彼女は新婚当初から旦那さんの長期出張が多くて、ずっと寂しいという気持ちを我慢してきたそうです。
そして、その我慢した寂しさが【セックスを拒否する】という形として表現されていたのです。
セッションでお話ししていく間に、彼女は初めてご自身の隠された感情に気づきました。
まさか『旦那さんとセックスしたくない』という気持ちの裏に【寂しさ】が隠れていたなんて・・・と、びっくりされていました。

Mさんも、もしかしたらこのクライアントさんと同じように【怒り】以外の感情があるのかもしれないですね。
『せっかく帰ってきたのに寝落ちされちゃうと、一人ぼっちになって寂しい』という気持ちがあるのかもしれません。
一度、ご自身の気持ちと向き合ってみましょう。

Mさんはセックスを拒否することを通じて、本当は何を旦那さんに伝えたいのでしょうか?
それが見つかったら、その感情を旦那さんに伝わりやすい形に変えて、伝えてみませんか?

セックスのイメージ

元彼やご自身の気持ちと向き合ったあとは・・・セックスに対するイメージを変えていきましょう。

『セックスネガ期』から再び『セックスポジ期』に戻ろうじゃありませんか!

そもそも。
セックスってどんなものだと思いますか?
たくさん挙げてみましょう。
※ちなみにここでネガティブなイメージがたくさん出てきた場合は元彼やご自身の気持ちと向き合い足りないか、他の原因だと思いますのでセッションにお越しください!※

私は個人的にはセックスは【エールの交歓】だと思います。(交換じゃなくて、交歓ね)
お互いに愛情を伝え合うこと。そしてそこには絶大な信頼と安心感があります。
自分の弱い部分も、相手の弱い部分もお互いに受け入れ合う・・・そんなイメージです。

Mさんにとって、セックスはどんなイメージですか?
セックスって性的な快楽以外にも色んな意味があると私は思います。

Mさんのこれからのためにも、夫婦のコミュニケーションのためにも、Mさんにとってセックスのイメージがポジティブになるよう願っています。

ご相談ありがとうございました。

==============
・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!
・スバっと言ってもらいたい!
・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

そんなあなたをお待ちしています♡

対面セッション【池袋・オンライン】
体験セッション90分:23,000円(税別)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今すぐセッションに申し込む

夜はオンラインセッションがお得に受けられますよ〜。

【夜のオンライン特別セッション】
40分:10,000円(税込)
6月26日(金)20:00〜 21:00〜
6月27日(土)20:00〜 21:00〜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今すぐ夜のオンライン特別セッションに申し込む


大好評の『夜のオンラインお茶会』は、6月から『夜のオンラインお悩み相談会』として開催します!

【夜のオンラインお悩み相談会】
6/24(水)19:30〜21:30

参加費:3,300円(税込)

一人の夜はお茶やお菓子を持ち寄って、オンラインで集まりませんか?もちろんお酒でもOK!
お申し込みはお早めに〜♡

夜のオンラインお悩み相談会に参加する

詳しくはこちら

夜のオンラインお悩み相談会 HP

【LINE@やってます!】
LINE@ではぷちお悩み相談をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

Studio Souは東京 池袋・目白にあるカウンセリングルーム。
恋愛・夫婦問題・パートナーシップ・人間関係に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【夫婦関係】自己肯定感の低い夫を助けてあげたいです【お悩み相…

  2. 【人間関係】病気の母が私だけに頼ってくることが苦痛です【お悩…

  3. 『失うものは何もない!』精神で行こう

  4. 【Q&A】どうして手放さなくてはいけないのですか?…

  5. 【自分自身】やりたくないこと と やりたいこと の違いって何…

  6. その行動の裏には、愛があるのでは???

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP