【自分自身】幼い頃、盗みをした罪悪感から逃れられません【お悩み相談】


責めているのは、誰でもない自分自身です。
自分を罰するのはやめて、自分を救う側に回りましょう。
そうすることしかできなかった理由があるんです。
自分を責める前に、自分に寄り添ってあげましょう。
==============
生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子さんたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です。
お気軽にご投稿ください。
ココロノマルシェ

<9/14(土)ココロノマルシェ カウンセリング体験会に出店します!>
【メニュー】
カウンセリング+アロマハンドマッサージ 30分 5,400円

【時間】
13:00-13:30
13:40-14:10
14:20-14:50
15:00-15:30
15:40-16:10
16:20-16:50

【お申し込みはこちらから】
セッションお申し込みフォーム

カウンセラーたちの顔を見に、会場にお越しいただくのは無料です!お申し込みはこちらからどうぞ。
入場申し込みフォーム

詳しい内容はこちら → 【続報】9/14(土)ココロノマルシェ カウンセリング体験会 開催します!

総勢15名のカウンセラーがみなさんをお待ちしています。
カウンセラー紹介はこちら
<続>東京:9/14(土)13:00-17:00 お弟子さんたちのカウンセリングが体験できる会を開催!!

今日のお悩みはコチラです。

幼い頃盗みをした自分への罪悪感について

こんにちは。初めて相談をさせて頂きます。アラサーです。

最近根本先生の罪悪感の本を読み、自分の罪悪感と向き合いました。
恋人を裏切ったことや、仕事の失敗などの罪悪感は、受け入れられそうな気がします。

だけど、どうしたらいいのか分からない罪悪感が残っています。
それは、小学校3、4年生の時に2〜3回人の物を盗んだことです。
先生にも親にも見つかり、母親は泣いていました。
なぜあんなことをしたのか自分なりに考えてみました。

実家は裕福で家も大きく、クラスメートに「Rはお金持ちだよね〜」とよく言われていました。
でも実際は母親が「お金ナイナイ族」だった為、ウチにはお金が無いと言い聞かされており、オモチャや服は親族や友人のお古を着ていました。
服はお古でも可愛ければ嬉しかったのですが、みんな持っているオモチャをその時の持てないことが悲しかった記憶があります。

今思うと習い事にかなりお金をかけられていましたが、当時は習い事にそんなにお金がかかるとは知らず、「うちはお金が無いのに昔買った家が大きいからみんなにお金持ちだと思われてる…どうしよう…」と思っていました。
それで、友達が持っていた新作のゲームを盗んでしまいました。

今でもその罪悪感や恥ずかしさが2日に1度は襲ってきて、「うわぁぁぁぁ」と声に出してしまうほどです。
自分の親や、当時の友達に会うたびに「本当は泥棒のくせにと思われてるんじゃないか」と不安です。

母親がお金ナイナイ族だったことに加えて、当時クラスの担任と実の兄に胸や急所を触られることがよくあり(誰にも相談しませんでした)、また、母と同居の祖母(父の母)の関係が悪く、子供心に沢山ストレスを抱えてたのかな、とは思います。

しかし、本当に貧しくても家に問題があっても、盗みなんてしない子が大多数だし、それとこれとは別だ、単に私が最低な人間だっただけだ、とも思います。

盗みは現実的に不法行為で絶対的な悪だから、許されるなんてありえないことだとも思っています。
それでも許されたくて、時々募金をしています。

また、自分自身も大人になってから同僚に物を盗まれたことがあって、しかも返ってこなかったのですが、内心「これでイーブンだ。許された。」と少し嬉しく思った自分もいました。
(それでも、私が盗んだ相手は違う人だから、やっぱり別問題だ…ダメだ…と思っています。)

盗み以外にも、小学生の時にイジメに加担したこともあります。
それも、許されたくて、中学生の時はイジメられてる子を守ったりしました。
でも、自分が別の子にイジメをした事実は消えません。

中学生から大人の心を持ったというか、分別がついて悪いことはしていません。

小学生の自分は自分さえ良ければ良いと思っていたのだと思います。
もはや20年前のことだし時効にしたいですが、このままだと死ぬまでこの罪悪感から逃れられない気がします。
どうしたらいいでしょうか。長文を読んで頂きありがとうございます。

Rinaさん

アンダーグラウンドの理由

ご相談ありがとうございます。
Rinaさん、誰にも言えない話をシェアしてくれてありがとうございます。
本当に勇気がいったことだと思います。

そして、ご相談を読んでいてRinaさんが今、過去の出来事で本当に苦しんでいることが伝わってきました。
重くて、重くて、でも逃れられない・・・そんな様子が伝わってきて、私まで苦しくなりました。
Rinaさんご本人の辛さはどれほどなんでしょう。
そんなに重い荷物を全部一人で背負わなくても良いよ。。。と言ってあげたくなりました。

今日はRinaさんが背負っている荷物を少し私に預けるつもりで聞いてください。

子どものRinaさんがしたことは、現実的には犯罪行為です。
でも・・・Rinaさんは子どもだったんです。
そこまで善悪の判断があってしたことだったとは、私には思えません。

私たち大人は大人の思考を持っているので、何かあっても我慢したり、ごまかしたり、うまく発散させたりすることができます。
でも、子どもの場合はそうはいきません。
自分の中の感情をどう抑えたらいいのか、どう向き合っていけばいいのか、どう発散したらいいのか、分からないのです。

>母親がお金ナイナイ族だったことに加えて、当時クラスの担任と実の兄に胸や急所を触られることがよくあり(誰にも相談しませんでした)、また、母と同居の祖母(父の母)の関係が悪く、子供心に沢山ストレスを抱えてたのかな、とは思います。

クラスの担任の先生やお兄さんにされたことをRinaさんは誰にも言えませんでした。と言うか、子どものRinaさんは、誰にも言わないことを選びました。
それはきっと、Rinaさん自身が周りの人を傷つけないためにした無意識的な判断だったと思うんです。
お母さんやお父さん、そしてお兄さんや担任の先生を傷つけるかもしれないとRinaさんは思ったのではないでしょうか。

・・・まだ小学生ですよ。
一人で抱えるには大きすぎます。

そして、Rinaさんは周りから
・裕福な家の子
・優等生(おそらく、そう思われていたんじゃないかと推測します)

と思われていて、その周りから与えられた自分像を守ろうとしたのではないでしょうか。
それって、子どもにとってはどれだけ大きいプレッシャーなのでしょうか。

大きすぎる秘密を抱えてしまった、大きすぎるプレッシャーを抱えてしまった子どものRinaさんは、そのはけ口をクラスメイトの物を盗むことで満たしていたんじゃないでしょうか。
心理学的にはアンダーグラウンドと言いますが、人の物を盗むことで、Rinaさんは自分の心を保とうとしていたのではないでしょうか。

>しかし、本当に貧しくても家に問題があっても、盗みなんてしない子が大多数だし、それとこれとは別だ、単に私が最低な人間だっただけだ、とも思います。
>小学生の自分は自分さえ良ければ良いと思っていたのだと思います。

絶対に最低ではありません。
自分さえ良くてやっていたのではありません。

そうするしか、子どものRinaさんは生きていけなかったのです

自分が自分を助ける

小学生の時の盗みが両親と先生に見つかったということですが・・・
私はね。
Rinaさんはわざと見つけて欲しかったんだと思います。

だから、わざとバレるようなことをしたんじゃないでしょうか?
Rinaさんは、それくらい助けて欲しかったんです。お母さんに。お父さんに。先生に。
でも、お母さんもお父さんも先生も助けてくれなかった。

『自分が苦しんでいても、誰も助けてくれないんだ!』と、子どものRinaさんは感じたんです。
そこにRinaさんの絶望があるんだと思います。

その後のイジメ問題も、きっと同じ原理です。
自分の抱えられない気持ちを、アンダーグラウンドを作ることでバランスを取っていたんです。

そう考えてみると・・・どうですか?

あの時は、そうするしか仕方なかった

少しだけでも、そう思えませんか?

Rinaさん、イメージワークってやったことありますか?
子どものRinaさんのことを、周りの大人は助けてくれませんでした。
でも今、今の大人のRinaさんには助けることができます。
もし良ければ、やってみてください。

【イメージワーク】
①目を閉じて深呼吸をしましょう
②小学生の時のRinaちゃんに会いに行きましょう
③Rinaちゃんはどこにいますか?何が見えますか?何が聞こえますか?何を感じますか?
④Rinaちゃんはどんな表情をしていますか?
⑤Rinaさんはしゃがんで、Rinaちゃんと目線を合わせてください
⑥『Rinaちゃん、大丈夫だよ。私が助けに来たよ』そう言ってあげてください
⑦『Rinaちゃん、怖かったね。一人じゃないよ』と言って、小さなRinaちゃんを抱きしめてあげてください

>今でもその罪悪感や恥ずかしさが2日に1度は襲ってきて、「うわぁぁぁぁ」と声に出してしまうほどです。
>自分の親や、当時の友達に会うたびに「本当は泥棒のくせにと思われてるんじゃないか」と不安です。

こんな気持ちが襲ってきたら『あの時は、そうするしか仕方なかった』と声に出してみてください。
そして、イメージワークで何度も何度も小さなRinaちゃんを助けに行ってあげてください。

きっとRinaさんの中で『助けて!』と叫んでいる小さなRinaちゃんがいるんです。
今はRinaさんは大人です。お母さんでもお父さんでも先生でもなく、Rinaさんご自身が小さな自分を助けることができます。

最後に
【えつこからズバッと一言♡】
自分を許すのは自分。一生、罰し続けなくて良いんですよ。

Rinaさんを責めているのは、誰でもない自分自身です。
自分を罰するのはやめて、自分を救う側に回りましょう。
そうすることしかできなかった理由があるんです。
自分を責める前に、自分に寄り添ってあげましょう。

重い気持ちは、少しここに置いていってくださいね。
勇気あるご相談、ありがとうございました。

=================
いつも自分を否定してしまう癖がある。
自分のことを好きになれない。

この原因はどこにあるのでしょう?
Studio Sou のセッションでは考え方の癖が生まれた原因を鋭い分析力で見つけます。
自己攻撃をやめて自分らしく生きられる人生を歩んでみたい方は、セッションにお越しください。

体験セッション、お得なセットコースもあります。

Studio Souの面談セッション

LINE@ ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
ぷちお悩み相談もやってます!
お友達登録お願いします♡
友だち追加

私に直接ブログや動画でに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!
メールはこちら

開けない方は
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ
Studio Sou HP

関連記事

  1. 腹を括る、覚悟を決めること

  2. 【恋愛】不倫していた彼が結婚するので、彼とのことを断ち切りた…

  3. 自分と向き合うこと③:今の自分を幸せにする

  4. 【自分自身】罪悪感と、自己否定感(私って駄目だわ)て同じです…

  5. 【自分自身】「普通」に憧れています【お悩み相談】

  6. 【夫婦関係】旦那から離婚したいと言われ4ヶ月がたちました。理…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP