【お悩み相談】なぜいつも、お金がなくなる不安を的中させてしまうのでしょうか?

鋭い洞察力で問題の本質を最短最速で解決し、自分軸人生へのリデザインをサポートするライフビジョン アドバイザー Studio Sou えつこです。

今日は私・・・なんか元気がありません!!(笑)
なんかモヤモヤするなーという午後ですが、私と同じように何かにモヤモヤしているブログ読者さまのお悩み相談にお答えしたいと思います!

Jさんからのお悩み相談:なぜいつも、お金がなくなる不安を的中させてしまうのでしょうか?

お金のことについて聞いてください。

子供の時から母の口癖は『うちにはお金がない』『今月も赤字』などで
お洋服や自転車、学習机などは
年の近い母の友達のお姉さんのお古などが基本でした。(それはそれで文句はなく、かわいいものが多かったのでお古は嬉しかったです。)

父は普通のサラリーマンでお給料もごく一般的なもので、母は専業主婦でした。
父も母もお金のかかる趣味や食事にこだわるでもなく、旅行やインテリアにお金をかけたりもしておらず
けれどなぜかいつも母の口癖の

お金がない

現実を生きていました。
毎月生活費が赤字だ…と、父に内緒で銀行のローンを作ってきてしまっては
やっと貯まったお年玉を『返すから貸してね』と使われたり
高校生になってアルバイトすると、子供心にお金を全部使うのが怖くて
毎月2万円くらいずつ貯金をし、貯まっていくことでどこか安心していた節があります。

そして、安心したらすぐに
貯まった分だけ『給湯器が壊れた』『テレビが壊れた』など、お金が出ていく現実ばかりが起きます。

貯めていた事で困った状況で使うことはできますが
その後に『もっと貯めておかないと不安だ』と思うようになり
一時はお金を使う事に罪悪感や恐怖を感じて溜め込む事をしていました。

お金はフラットでいいも悪いもない。
使わなければただの紙。
明日死んだら、貯め込んでる我慢してる意味はないよね?

そう思ってからは少しずつ自分のために使えるようになり
今年の目標は『自由にお金を使って貯蓄しない』と決めた矢先に
職場の経理ミスで、私の年齢入力ミスをしていたため、入社以来の基本給(年齢給)が10年以上多かったので返還をお願いする事になると突然言われて呆然となりました。

知らぬ間に総額100万くらいの借金のようなものを持たされてしまい(実際には多くもらっていただけなのは分かっています)
なぜいつも、お金がなくなる不安を的中させてしまうのか?と考えてもよく分からなかったのでお悩み相談しました。

ちなみに貯め込んでいた時期に、老後はこれくらいあれば…とたくさん貯金したものの
より一層『世間一般のモデルケースとされる額には全然足りない』と不安が大きくなりすぎて病的に心配しそうになったので
お金を使う事を練習したり、FPさんにマネーシュミレーションしてもらい
数値化してもらって少し安心した経緯があります。

=============

Jさん、ご相談ありがとうございます!

お金にまつわる悩みって、なかなか人に言いづらいものですよね。
ここでシェアしてくださってありがとうございます。
それだけJさんも長い間、ご自身とお金の関係について考えてこられたんじゃないかなぁと思います。

『お金がない』のは誰?

お金に関する価値観って、子どもの頃に自分の側にいた大人(主に両親)の価値観がそのまま刷り込まれることが多いです。
お金に対しておおらかな家庭で育った方は、大人になってもお金に対しておおらかだし、その逆も然り。

Jさんの場合は、ご自身でも気づいていらっしゃるように

>いつも母の口癖のお金がない現実を生きていました。

ということなので、お母さまのお金の価値観にかなり影響されているようですね。
お金に対する価値観だけだったらまだしも、Jさんの場合は自分のアルバイト代も家庭のために使う環境だったようですね(この認識で合っていますか?)
なので、お母さまの『お金がない現実』にJさんもすっかり取り込まれていたようです。

おそらくまずJさんに必要なのは
『お金がないのはお母さんで、私ではない』
という認識に、意識的に変えていくことです。

Jさんは今はご両親と同居されているのでしょうか?
もし一人暮らしであるようだったら、お母さまのお金に対する価値観を手放すチャンスです!

ここは簡単なアファメーションをご紹介しますね。

『お母さんはお母さん、私は私』
『お母さんのお金はお母さんのお金、私のお金は私のお金』

Jさん、声に出してみてどんな気持ちがしますか?
お母さんに申し訳ないような気持ちになりますか?
そんな気持ちになることもあると思います。それはJさんが、それだけお母さまのことを好きだからなんです。
子どもの頃から長い間、大好きなお母さんの価値観を受け継いできたのですもの。
『大好きなお母さんの価値観を否定してしまう』そんな風に感じるかもしれません。

でも、お母さまの価値観で生きることがJさんにとっては窮屈だったり、不都合な現実を引き起こしているようです。
ここは、一念発起して手放してみましょう!

お母さんのことは大好きだけど、お母さんの価値観を全て引き継がなくても良いんです。

思い出した時で良いので、たまにつぶやいてみてください。
手帳のどこかに書いておいて、たまに見ていただくのでも良いと思います。

まずは

お金 ー お母さん ー Jさん

だった関係を

お金 ー お母さん
お金 ー Jさん

と分けてみましょう。

実は私もずっとJさんと同じ状況だったんですよ。
私の母は、お金があっても『お金ないのよ』という人でした。
なので私もどれだけお金があっても『ない!』と思って、とても苦しみました。貯金しても貯金しても、お金がないと感じるんです。

でもある日、その話をカウンセラーさんに相談したら『お母さんの価値観でお金を見ている』と言われました。
私はそこから少しずつ『お母さんはお母さん、私は私』『お母さんのお金はお母さんのお金、私のお金は私のお金』と、価値観を変えていくことしました。
今はどうなったかというと・・・お金に対する不安がかなり少なくなりました。
『お金ないのよ』と思うこともなくなりました(本当にない時は、さすがに思いますけどね)

私をモデルケースだと思って、Jさんもお母さまの価値観を手放していければ良いなぁと思います。
私にもできたんだから、Jさんにもきっとできますよ。

お金に対するイメージ

>お金はフラットでいいも悪いもない。
>使わなければただの紙。

そうそう!Jさん、とっても良い考え方です!
本来、お金ってフラットなものなんです。
そこに何かの意味づけをしているのは私たちの価値観だったり観念だったりします。

じゃぁ、突然ですがここでワークです!
Jさんにとって、お金ってどんなイメージですか?
思いつく限り書き出してみてください。

私、Jさんの文章を読んでいてなんとなく感じたのですが・・・Jさんって

・お金を手元に置いておくと不幸になる
・お金は私を苦しめる

って思っていませんか?

>今年の目標は『自由にお金を使って貯蓄しない』
>明日死んだら、貯め込んでる我慢してる意味はないよね?
>ちなみに貯め込んでいた時期に、老後はこれくらいあれば…とたくさん貯金したもののより一層『世間一般のモデルケースとされる額には全然足りない』と不安が大きくなりすぎて病的に心配しそうになったのでお金を使う事を練習したり

なんか、この3つが気になりました。
お金は・・・貯めていてはダメなのですか?

どちらもJさんご自身が考えて、気持ちを楽にする為の行動や目標だと思うので私は全く否定する気はないのですが・・・なんか違和感があるんですよねー。
貯蓄しないコトを目標にするとか、お金を使う練習って・・・なんの為に??Why??(突然ガイジンになるくらいの違和感を感じたと思ってください。笑)

そこで前述のJさんにとっての『お金のイメージ』を聞いてみたかったのです。

Jさんの中でお金に対してネガティブなイメージがあればあるほど、手元に置いておきたくなくなるので使おうとします。
また、お金は自分を苦しめる!というイメージがあればお金によって苦しめられる状況(今の会社の件もそうですね)を作り出します。

これもご両親のお金に対するイメージを引き継いでいたりするケースも多くあります。

この価値観を変えていければ、Jさんがお金に苦しめられることは少なくなると思うのですが・・・
うーん・・・ちょっともう少し詳しくお話を聞かないと方向性が決められないのですが、今日は気持ちが楽しくなるようなイメージワークをご提案します。

お金を使って私を幸せにしよう!

『お金を使って私を幸せにしよう!』と言っても、別に現実の世界でお金を使いましょう!という話ではありませんのでご安心を。

目を閉じて、イメージしてください。
①お金がたくさんあるとします。それを使って、Jさんが幸せになることをしてみましょう。

行ってみたい国に旅行する、大好きなスイーツをたくさん机に並べる、プールを貸し切りにして誰もいないプールで思う存分泳ぐ(私がしたいことです)、大好きな人たちを集めてみんなでゴージャスなお茶会をする、今までできなかった習い事をしてみる、自分がゆっくりくつろげる座り心地も寝心地も最高なソファーをオーダーメイドする・・・・
なんでもOKです。

②Jさんを幸せにしてくれたお金にありがとうを言いましょう。
お金の精霊がいるとしたら、どんな姿をしていますか?大きさはどれくらいですか?色は?声は?
その精霊に向かって『私を幸せにしてくれて、ありがとう』と言ってみましょう。

③お金と仲直りしましょう
そして、そのお金の精霊とハグをしましょう。
『今までちゃんと大切にできなくてごめんね』こう言ってみましょう。
『これからは、もっと仲良くしようね』
そう言って、お金の精霊とお別れしましょう。

以上です。
・・・・・どうですか?

書きながら私もイメージしていたのですが、私もお金をちゃんと大切にしていなかったなぁ・・・と謝りたくなりました。そして、ぎゅっとハグをしてみました。
Jさんも私も、これでお金と仲直りできたので大丈夫です!
これから少しずつ変わっていくと思います。
まだお金に対して悪いイメージがあるなぁと思ったら、その都度お金の精霊を呼び出して『ごめんね。大好きだよ』と言ってあげてください。
それだけでも大分ココロが軽くなると思います。

最後に会社の基本給の件ですが『ウケる〜!!私、どんだけお金に苦しめられたいの!?』とまずは無理矢理にでも笑い飛ばして、しかるべき所(法的なことを相談できる窓口など)にご相談ください。
私はカウンセラーなので法的なことをアドバイスできないのですが、これからはお金と仲良しなJさんだもの。きっと解決方法が見つかると思います。
Jさんにとって、お金に苦しめられない未来が来るように願っています。

お金って、仲良くできると意外と良いものですよ。

ご相談くださってありがとうございました!

私もお金に対して問題あるかも!と思われた方は面談セッションにお越しください。
あなたのケースはどんな原因なのか、一緒に探ってみましょう。

Studio Souの体験セッションは60分32,400円(税込)
お得なセットコースもあります。
Studio Souの面談セッション

セッションの最後にはアロマグッズを作ります。出来上がった香りはあなたにとって『お金がたくさんやってくる香り』になるかもしれませんよ。

T美さんのようにブログに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!
メールはこちら

開けない方は
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ
Studio Sou HP

ではまた。

関連記事

  1. 【恋愛】失恋から立ち直っていると思っていたのに・・・【お悩み…

  2. 【カウンセリングバー】カクテルの度数ってどれくらいなの?【次…

  3. お悩み相談チャンネル 始動します!!

  4. 【恋愛】家庭のある彼といたい気持ちと、自分の結婚願望について…

  5. 自己肯定感を上げる3daysプログラム ファシリテーターとし…

  6. 根本裕幸・大塚あやこ・立花岳志トリプルカウンセラーコラボセミ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP