2019年の挑戦

師匠ができました


2019年、大好きな心理カウンセラー根本裕幸さんの『お弟子さん制度』という名のカウンセラートレーニングコースに申し込みました。
初回講座は1月12日、13日。
これから半年間、長年お世話になったカウンセラーさんの元で、勉強するのだ!と新年早々ヤル気満々。
2019年の挑戦です。

第一回講座の気づき

今日はお弟子さん制度、第一回での振り返りと私の気づきを書きたいと思います。
そもそもこのお弟子さん制度、事前課題からすごかった!

『あなたはどんなカウンセラーですか?』
『カウンセラーとして大切にしたいこと(ポリシー)』
『なぜクライアントはあなたのカウンセリングを受けるのですか?』
『理想のクライアントとは?』

という4つについて考えてくるというもの。
確かに、カウンセラーと一言で言っても、色んなタイプがいるし(傾聴型、提案型だけじゃなくて)、それぞれポリシーも違うはず。
そういうビジョンがないと、どこに向かっていったらいいか分からないよなぁ・・・と課題をやりつつ感じました。
『この課題、ちょっと経営塾とかでやる内容と似てるよね』って思っていたけど、講座の中で根本さん自身からもそういう解説がありました。
カウンセラーとして活動しても、クライアントに見つけてもらえないと意味がない。
その為には、自分はどんなカウンセラーなのか、軸を持たなければいけないとのこと。

ホント、そうだよなーと心から同意。さすが師匠!
カウンセリングってクライアントが自分の内面をカウンセラーに開示することになるわけだから、相手がどんなカウンセラーなのか分からないと『この人に話を聞いてもらいたい!』ってならないよね。
私だって過去にカウンセリングを受けた時は『この人なら分かってくれそう!』って思ってカウンセラーさんを選んだもの。
なので、私にとってはこの事前課題をやっただけで、なんだか講座も期待大!!だったワケです。

初回講座は
・カウンセラーとしての目標設定:半年後、2年後のビジョン(これはまた後日アップしますね)
カウンセラーとしての成功イメージを考える
・カウンセリングセッション実習
・根本さんの公開セッション

こんな感じでした。

初めてのカウンセリング実習

講座の内容としては、初回なのにもうカウンセリングセッション実習やるんかい!!とビックリしつつ、弟子はやれと言われたら素直にやるしかないワケで。
カウンセリングセッションは3人組で、それぞれがカウンセラー・クライアント・オブザーバーの役割になってセッションをやったのですが・・・1人の持ち時間15分が長かったなぁ。。。

お題は『あなたはどんなカウンセラーになりたいですか?』そこからどう話を広げていくか・・・と言うか、どこまで話を広げても良いのかすごく悩みました(今、振り返ると、どこまででも広げちゃえば良かったのに!と後悔)。
私が組んだ3人組は、3人ともビジョンが明確に見えているタイプだったので(おそらくキラキラ視覚型女子)『どんな』という部分がすごく明確だったんだよなぁ。だから、ひとしきりクライアントの話を聞いたら『そうなんだ!良いね!ハイ!終了!』みたいになっちゃう。困った困った・・・
自分の『うまくやらなきゃいけない』観念とも戦いつつ。。。カウンセリング実習、すごくいい経験になりました。

また他の人のカウンセリングを見るのも、受けるのも勉強になりました。
やっぱり、みんな個性があるのが良いよなぁ・・・と実感。
今回の講座で組んだグループの6人は、みんなとても魅力的で個性的な面々なので、みんなのこれからの成長を見守るのも楽しみです。

講座の最後には宿題がたんまり出されて、みんなぐったりした顔してたけど、これから楽しくなりそうです♪

疲れ果てて翌日はお昼ごろまで寝ちゃったのは、ここだけの話。

=========

セッションメニューはこちらからどうぞ

Studio Souの面談セッション

ブログに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!

メールはこちら

関連記事

  1. 自分の魅力と価値が分からない時は・・・

  2. 【カウンセリングバー】カクテルの度数ってどれくらいなの?【次…

  3. 【癒着・共依存】について心理学ミニ講座をやることになった話

  4. 【次回は2/9(日)】カウンセリングバーの感想をいただきまし…

  5. アロマも寄り添うカウンセリング

  6. 3/15(日) カウンセリング体験会 無事に終了しました!!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP