それは個性?

ここ数日ホームページ制作に没頭しているワケですが、その中で図らずしも自分の過去を振り返ることになりました。
『こんなことで悩んでいませんか?』というページで取り上げている様々なお悩みのテーマに対して、私が今までに乗り越えてきた問題やそれに取り組んだ時の想いを掲載しようと思ったからです。

 

項目としては
・恋愛
・夫婦関係
・ライフワーク・やりたいこと
・自分のこと
・人間関係

この5つです。
これは私がカウンセラーとして扱っていきたいテーマでもあります。

自分ってなんだ?

いくつかのテーマの中の話で触れているのですが、私は双子です。
振り返ってみると、双子として生まれたことが自分という人間を形成していく中でかなり大きく影響しているように思います。

自分が人と違うところってどこだろう・・・?と考えると、やっぱり『双子』ってことなんだよなぁ・・・と昔は思っていました。
自分が『双子である』ということをとても大きく扱っていたのです。
双子って珍しいし、珍しい自分が好きだったのかも。

今、思うとなんと自己肯定感の低いことか!!と思います。
自分に自信がないから自分が『双子』だという、他人との違いにこだわっていただけなんじゃないかなぁ・・・と、思います。
どうやら私は『双子』を『個性』だと思っていたようです。

今はどうか、と言うと。
私は自分が双子であることにそれほど執着しなくなりました。それは血液型の違いくらいの個性だと思っています。
私が持っている特徴や魅力の中の1つであるということです。
双子である自分のことは、今も昔も好きだけど。

世の中に双子の人は多くないので皆さんには共感しづらい話かもしれませんが、もしかしたら血液型AB型の人の中には私と同じ気持ちを感じている人がいるかもしれませんね。

一卵性か二卵性か?

先日、親戚のおばさんから『えっちゃんのお母さん(私の母はおばさんの姉にあたります)二人が一卵性か二卵性かわからないって言ってたよ!』という話を聞かされました。

えぇええええええ〜!???
ウソでしょ!?
私、長年自分が一卵性だって信じて疑わなかったのに!まさかここに来て二卵性疑惑が浮上するなんて!!!

まさにアイデンティティ崩壊の危機!!(大げさ)

後日、実家に帰った時に母に問いただすと
『うーん。分からないのよねぇ』
だってさ。
お母さん・・・そりゃないよ・・・

そこで、母子手帳で確認することにしました。
そしたら・・・私の母子手帳の発行日は3月27日。3月27日って、私の誕生日じゃない?
あれ?母子手帳って赤ちゃんがお腹にいる時からあるものなんじゃないの!????

父母と三人で考察・協議した結果、どうやら私たちは双子だと分かったのが産まれる少し前だったので、私の分の母子手帳は生まれてから作ったのだということでした(娘が生まれた日に役所に行って母子手帳を作ってくれた父には感謝!)。
なので、私の母子手帳には詳しいことが全く記載されていませんでした。
そりゃ生まれてから母子手帳を作ったら、生まれるまでのことは書けないよね。

私たちがお腹の中にいる時に作った母子手帳は姉さん名義で、今は姉さんの手元にあるので、春に会った時にでも中身を確認してみます。
ネットで調べると、一卵性か二卵性かは母子手帳に記載されないかも・・・なんですけどね。

どうなんだろう・・・

結果はまた3月下旬頃にでも。
アイデンティティが崩壊しちゃってたりして。
いやいや。大丈夫だろう。いや、どうだろう。。。

ではまた。

=========

セッションメニューはこちらからどうぞ

Studio Souの面談セッション

ブログに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!

メールはこちら

関連記事

  1. 【自分自身】「投影」と向き合った自分が人としてなんか間違って…

  2. 【メルマガ】実例から学ぶ!デートのお作法

  3. 【自分自身】大きい罪悪感を発見してしまい、戸惑っています【お…

  4. カウンセラーが教える『怒り』の発散方法

  5. 立花岳志さん:カウンセラーのための“ファンができる”“継続で…

  6. 自分の価値と魅力、知っていますか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP