【自分自身】中身が男の私が、女性性の扉を開くにはどうしたら良いのでしょうか?【お悩み相談】


社会の中で働くには男性性を優位にせざるを得ません。
でも、だからと言ってご自身の中から女性性が失われたワケではないのです。
周りからのイメージとセルフイメージにギャップがあるのかもしれません。
周りの人が自分の中に見てくれた、女性性の『魅力』『価値』を受け取っていきましょう。
==============
生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子さんたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

中身が男で夫に逃げられた私の女性性の扉を開くには

女性性の扉を開くには、どうすればいいのでしょう?

私は、容姿はなかなか良い方だと思います。
容姿は女性性が高いが、中身は、どうやら、男のようです。

私は、ずっと、女性から好かれる女性になりたい。
女性に憧れられる先輩になりたい、と思い、ずっとずっと頑張ってきました。
見た目も綺麗、仕事も出来るようになると、そうなれる!と。

おかげで、確かに、女性には、憧れられる先輩になれた気がします。

ただ、中身が男で、夫には逃げられてしまいました。
そして、子供達を育てるため、さらに、男性性が強くなっている気がします。

でも、なんだか、男性性が強くなると、疲れるのです。
そろそろ、疲れました…。
なので、女性性を開花したいなぁと、思っています。

そもそも、私は小学生の頃は、ぶりっ子と呼ばれていました。
きっと、甘え上手で、女性性が強かったのかな?と思います。

ただ、それにより、小学生、中学生のころと、容姿の可愛さと、頭も良かったことも加わり、仲間はずれや、イジメにも会いました。

それが根っこにあり、ぶりっ子はやめよう。
女に好かれる女性になろうと、自分改革に励み、今の大人になったのだと思います。

こんな私の女性性の開花の仕方を教えてください。
宜しくお願い致します。

きらりさん

自分の中の女性性に『気づく』

ご相談ありがとうございます。

なんだか自分からの相談を読んでいるようでビックリしました。
そう。
私も男性性が強くて中身が男なんですよ〜!!!

>容姿は女性性が高いが、中身は、どうやら、男のようです。

うんうん。
これ、すごぉく分かります!
きらりさん始め、自立系武闘派女子は『私、中身は男なんです・・・』という方、かなり多いんじゃないかと思います。
社会で働くには女性性よりも男性性が必要となるので、みなさんそれだけ頑張って働いているということですよね。

でも、男性性が高いということは・・・それだけ女性性も高いってこと、きらりさんはご存知でしたか?

女性でも男性でも必ず『女性性』と『男性性』を持っています。
どちらが優位になっているかは、その人の環境や心が作用しています。

先ほど書いたように、会社という環境の中にいると男性性を優位にするしかないので、自然と男性性が優位になっていきます。
でも、だからと言ってその人の中の女性性がなくなったのか・・・と言うと、そんなことはありません。
女性性は一時的に隠されていますが、失われてはいないんです。

今のきらりは環境や心によって『男性性』が優位になっているだけで『女性性』がないわけではないのです。
なので、今のきらりさんの中に隠れている女性性を解放してあげれば良いのです。

>こんな私の女性性の開花の仕方を教えてください。

そうそう!
まさに『開花』というイメージですね。
自分の中の女性性に『気づく』と言っても良いかもしれません。

セルフイメージとのギャップ

>私は、ずっと、女性から好かれる女性になりたい。
>女性に憧れられる先輩になりたい、と思い、ずっとずっと頑張ってきました。
>見た目も綺麗、仕事も出来るようになると、そうなれる!と。
>おかげで、確かに、女性には、憧れられる先輩になれた気がします。

きらりさんは『綺麗で仕事ができる女性』と女性から思われていると書いてくださっていますが・・・
本当にそうなのでしょうか?

【えつこからズバッと一言♡】
人から見た自分のイメージと、セルフイメージって・・・違うことがほとんど!!!

あ。
きらりさんが『綺麗で仕事ができる女性』ではないと言っているのではありません。悪しからずです!
周りの人が見ているきらりさんって『綺麗で仕事ができる女性』だけではないんじゃないかな?と私は思うんです。

先日、私は久しぶりに実家に帰りました。
夜、母と二人になったので、私が最近デートしている男性の話をしていました。

え『いやぁ〜。こんなヤバい男がいてさぁ。前の旦那さんとすごい似てる感じだったんだよねー。私、なんで同じタイプの人に好かれちゃうんだろう?ホント嫌だ!』
母『あらぁ。えっちゃんって男性になんでも優しく受け入れてくれるし話を聞いてくれるって思われるから、そういう人が寄ってきちゃうんじゃない?アンタ、気をつけなさいよ』

アラフォーの娘からダメンズの話を聞かされる母の心境について、ここで考えるのはやめますが(お母さん、なんかごめん)これってどんな会話だったかと言うと・・・

セルフイメージと周りから見たイメージってけっこう違う

ということなんです。
※セルフイメージとは自分自身が思う自分のイメージのことです※

『受け取る』ことから始めよう

私は自分のことを

・中身は男
・共感力が低い

と思っています。
でも、母が考える『男性から見た私のイメージ』は

・なんでも優しく受け入れてくれる
・話を聞いてくれる

なのです。
セルフイメージと人から見た自分のイメージにはかなり差がありますよね。

じゃぁ、私の中に
・なんでも優しく受け入れる
・話を聞く
という部分が1ミリもないかと言うと・・・そんなことはないと思うんです。

他人が私の中に見てくれた魅力や価値を、私は持っていると思います。
なので、私は『中身は男で共感力が低い』けど『なんでも優しく受け入れて、話を聞いてくれる女性』でもあるんです。自分で言うのもアレですけど(苦笑)

きらりさんも同じようにセルフイメージと周りからのイメージがずれているのかもしれません。
周りの人から『女性性』の部分で(外見じゃなくてね)褒められたことはありませんか?

人は自分の都合のいいことしか聞こえない性質があります。
なので、もしかしたら今は聞こえていないという可能性もありますので、これから注意して『もしかしたら私の中には女性性が豊かにあるのかもしれない』という気持ちで周りの人の言葉に耳を傾けてみてください。

『きらりさんがいると癒される』とか『人の話をよく聞いてくれる』とか思っている人が周りにいるかもしれません。
そしてもし、誰かから言われたら否定せずに

私の中には◯◯という魅力や価値があるのかもしれない

と思って受け入れてみてください。
『受け取る』ことも女性性ですので、ぜひやってみてくださいね。

ご相談ありがとうございました。

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

☆★☆お知らせ☆★☆
このブログの更新情報などをメルマガでお届けします!

メルマガは
・お悩み相談 / ブログ
・今日の【恋愛のお作法】
・セミナー情報
・メルマガ読者限定セッションのご案内

の内容でお送りします。
ほぼ毎日20時頃にお届けします。

ご登録はコチラからどうぞ!

Studio Sou 竹内えつこ メルマガ登録
==============
・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!
・スバっと言ってもらいたい!
・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

そんなあなたをお待ちしています♡

対面セッション【東京 恵比寿・オンライン】
※お悩みに合わせたアロマを使用した アロマハンドトリートメントつき♡(対面のみ)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
セッションメニューを見る

【インスタ始めました!】
良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】
LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

竹内えつこのプロフィールはこちら

Studio Souは東京 恵比寿にあるカウンセリングルーム。
離婚・浮気・不倫・モラハラなど、夫婦関係・恋愛に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【自分自身】やりたくないこと と やりたいこと の違いって何…

  2. 【恋愛】大好きな彼にセフレにされそうです・・・【お悩み相談】…

  3. 【夫婦関係】『嫌いになったから離婚したい』と言う夫と関係を修…

  4. 【ご質問】「甘えてほしい、頼ってほしい」という彼に頼っている…

  5. 【夫婦関係】5月頃に年末の別居を提案されました【お悩み相談】…

  6. 【恋愛】既婚者ですが、17歳下の野良猫ロックマンな彼に振り回…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP