【自分自身】私の生きづらさは、女性性の問題なのでしょうか?【お悩み相談】


こんにちは。生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

女性性を重視したら生きていけないような気がしてしまいます

はじめまして。どうぞよろしくお願いします。

根本先生の御本やセミナーを通じての内観、色々なジャンルの色々な方に相次いで「あなたは本来もっと女性的なひとのはず」と指摘されたことから、もしかしたらわたしってとっても女性的なのかな? と思い始めた29歳の女です。

じぶんでも、指摘される前からじぶんのことを女っぽいと思ってきたので、それなりに女としてのじぶんを大事にしてきたつもりでしたが、「いまを楽しむ」ということをより一層心がけるようにしたところ、いままでうっすら感じつつも無視してきた違和感が色々気になるようになってきて、「たしかにわたし、もっと女性的なのかも……」と思うようになりました。違和感をひとつずつ取り除いていくことで楽に過ごせるようになってきて、好きなことにも純粋に楽しい気持ちから取り組めるようになり毎日とても楽しいです。

ところが、同時にすごく不安になってしまうこともあり。。この感じやすい状態では社会で生きていけるような気がしないのです。すぐ疲れますし、ところかまわず泣きますし、行き当たりばったりな性質がひどいです笑 元々そういう面があったのですが、近ごろはコントロール不可能といった感じです。

実は、会社員として安定しつつもあんまりおもしろくはない仕事をするのはじぶんには良くなさそうだな、と感じたため今月末で退職します。退職したあとにはとりあえずまったく働かず・ひとにも無理には会わず、好きなことだけして休みたいだけ休んで暮らすつもりなので、感受性も体調もコントロールする必要はないはずなのですが、なんとなく不安になるときがあります。

この世のなかは女性性がつよいと生きにくいように思ってしまうのですが、このまま極めていってもいいのでしょうか。そもそもわたしの生きづらさは女性性の問題なのでしょうか。じぶんとしてはいまの変化はとても楽しくて、どんどん自然な方向にむかっている感じがしていますが、外のことを考えると不安は出てきてしまうし、客観的にどうなのかしら、と思った次第です。まとまりがなくてすみません。なにかアドバイスをいただけるとうれしいです。

れーこさん

感情の波を乗りこなすために

ご相談ありがとうございます。

>違和感をひとつずつ取り除いていくことで楽に過ごせるようになってきて、好きなことにも純粋に楽しい気持ちから取り組めるようになり毎日とても楽しいです。

おぉ!
これは素晴らしいですね。
好きなことを『楽しいっ!』って心から思えるって、本当に素晴らしいことだと思います。

>ところが、同時にすごく不安になってしまうこともあり。。この感じやすい状態では社会で生きていけるような気がしないのです。
>すぐ疲れますし、ところかまわず泣きますし、行き当たりばったりな性質がひどいです笑 元々そういう面があったのですが、近ごろはコントロール不可能といった感じです。

なるほど。
れーこさんは色んな方に『あなたは本来もっと女性的なひとのはず』と指摘されたということなのですが、この場合の女性的とは

女性的 = 女っぽい(セクシャリティ) 

ではなく

女性的 = 感情豊か 

という意味なのではないでしょうか。

れーこさんは女性的であることを意識して生活し始めたことで、『楽しい』や『不安』など、色々な感情を感じやすくなったということですよね。

これは私の推測なのですが・・・
もしかしたら今までのれーこさんは、ご自身の感情をあまり感じないように生きてきたのかもしれませんね。
『今を楽しむ』ということを感じないように、自分の『楽しい』を感じないように、生きていらっしゃったのかもしれません。

感情 = 女性性
思考 = 男性性

とするならば、今までのれーこさんは男性性の方をたくさん使っていらっしゃったのではないでしょうか。
社会で働く上では男性性は必須なので(男性性を使わないと仕事にならないので)現代の働く女性は男性性が強い方が多くいらっしゃいます(このブログ読者の皆さん、そうですよね??)
『人に頼らず自分でなんとかする!』『一人でもなんとかできる!』『誰かが困ってたら、私が助けたる!』
もしかしたら、れーこさんも会社ではこんな風に働いていらっしゃったのかもしれませんね。

そんな時、色んな方から『れーこさんって、もっと感情豊かな人なんじゃない?』『もっと感情を感じてみたら?』(「あなたは本来もっと女性的なひとのはず」を言い換えるとこうなります)とアドバイスを受け、れーこさんはご自身の感情を感じることを意識し始めたのだと思います。

すると・・・『楽しい』を感じるのは良いけれど、他にも色んな感情が溢れてきてしまって感情を感じること自体がとっても疲れるし、感情のコントロールができなくて急に泣きたくなってしまうし、感情に任せて行き当たりばったりに行動してしまうし・・・こりゃまいったぞ!という現状なのではないでしょうか。

今まで感情を感じずに凪の状態で生きてきた人にとって、急に感情の波が押し寄せてきたら・・・波に飲み込まれてしまって、それはそれは疲れると思います。
今まで泥水の中で暮らしていたのに、急に真水の中で生きろ!と言われて真水の中に入れられたら『あれ?明るい!』『急に視界が開けて色んなものが見える!!』『綺麗な水が入ってくる!!』って、一時的にパニックになると思いませんか?それと同じことです。(例えがアレですが。笑)

>この世のなかは女性性がつよいと生きにくいように思ってしまうのですが、このまま極めていってもいいのでしょうか。
>そもそもわたしの生きづらさは女性性の問題なのでしょうか。

今まで感じなかったものが感じられるようになると、一時的にパニック状態になると思います。
でも、大丈夫です!

最初は大波に感じて飲み込まれても、慣れてきたらその波を乗りこなすことができるようになります。
最初は真水の綺麗さにビックリしてパニックになったとしても、そのうちその快適さに馴染んでいくと思います。

何事も、慣れるまで時間が必要なのです。

私から1つだけアドバイスするとしたら・・・

完璧にやりすぎないこと

です。
『感情を感じるぞっ!!!』ということを、100%完璧にやろうとすると・・・社会性を失います!!
いや。ホントに。社会で働けなくなっちゃうかもしれません。。。
なので安心して感情を感じられる安全な環境で、感情を感じることから始めてみましょう。

れーこさんはしばらくお仕事をお休みされるということなので、お仕事を辞めたら思う存分!!!ご自身の感情を感じ、波を乗りこなすことにチャレンジしてみてください。

ちょっと最後に私の余談を聞いてください。
私は長年、自立しすぎて自分の感情を感じることをしてきませんでした。
そんな私ですが、あるとき自分と自分の問題と向き合うことを決めました。
そしていざ自分の感情を感じ始めたら『人間って・・・こんなに色んな感情を感じちゃってたら、疲れちゃって生きていけないじゃん!!』と思って、愕然としました。
『こんなにたくさんの感情と向き合って生きてる人間って・・・スゴい!』とも思いました。

なんか・・・『人間になりた〜い』って言ってる妖怪のセリフみたいですけどね(苦笑)

感情を感じるのって、ホントに疲れます。私は未だにそう思います。
でも、感情があるから誰かを想うことができたり、感情があるから誰かと繋がることができると思うんです。

『変化が楽しい』という、ご自身のプロセスを信頼して進んでいってくださいね。

大丈夫!順調ですよ♡

ご相談ありがとうございました。

==============
・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!
・スバっと言ってもらいたい!
・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

そんなあなたをお待ちしています♡

対面セッション【池袋・オンライン】
体験セッション90分:23,000円(税別)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今すぐセッションに申し込む

【インスタ始めました!】
良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】
LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

竹内えつこのプロフィールはこちら

Studio Souは東京 池袋・目白にあるカウンセリングルーム。
恋愛・夫婦問題・パートナーシップ・人間関係に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 2019年振り返りセミナー 開催しました!

  2. 【夫婦関係】時間にルーズな旦那にイライラしてしまいます【お悩…

  3. 【人間関係】病気の母が私だけに頼ってくることが苦痛です【お悩…

  4. 泣きたい時は、盛大に泣いておこう!

  5. 【恋愛】家庭のある彼といたい気持ちと、自分の結婚願望について…

  6. 【恋愛】不倫の恋が終わったのですが、彼のことを断ち切れません…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP