アンダーグラウンド優等生の私が「優等生」の看板を下ろす時が来た!という話


こんにちは。

【生きづらさを自分らしさへ 潜在意識から生まれ変わる】

ライフビジョン カウンセラー 竹内えつこです。

ここ数日、台風一過の影響なのか再び夏日の東京です。

『あのさぁ・・・私、もう衣替えしたって言ったよね!??』と、空に向かって叫んでも仕方ないので少しでも薄い生地の秋冬服を選んで着ております。

気温の寒暖差が激しいので、みなさんも体調にはお気をつけくださいね^^

さて。
昨日、我がカウンセラーの師匠である根本裕幸カウンセラーのブログを読んでいたのですよ。

テーマを見た瞬間に『これって私!???』と思って絶叫(もちろん心の中だけ)してしまったので、今日は皆さんにシェアしたいと思います。

きっと私のブログを読んでくださっている人は、私と同じタイプだと思うから(笑)

そうだよね?ね?ね?

今日はカウンセラーらしからぬ、ただの悩める女子である私のお話です。

優等生とアンダーグラウンド

ずっと優等生をしてきたから既婚の彼と離れられないの?~“ちゃんとした”人生に必須なアンダーグラウンドの世界~

このタイトルを見て、私と同じようにギクっとした方いませんか?

・優等生
・アンダーグラウンド

私はこの二つのワードに釘付けになりました。

何を隠そう私は心の奥にアンダーグラウンドを抱える優等生だからです!

ブログ内にはこんなことが書かれています。

優等生とかいい子をやってきた場合、「ちゃんとすべし!」という家訓がでかでかとリビングに飾られているんです。

そして、朝一でお堅い仕事をされてるお父さんの号令で家族全員が「常にきちんとちゃんとすべし!正しくあるべし!人に迷惑かけるべからず!」と唱和して職場や学校に散っていくのです。

お父さんがお堅い仕事をされてるなら「お父さんに迷惑をかけてはいけない」とか「ご近所様から笑われるようなことはしてはならない」とか「身なりも挨拶も言葉遣いもきちんとしなければならない」みたいな感じの家庭だったかもしれません。

自分で言うのもなんなんですけど、竹内家はちゃんとした家です。

私の両親は常識と良識がある素晴らしい人たちで、私は両親が人を貶めるような悪口(批判はあったと思うけど)を言っているのを聞いたことがありません。

人に迷惑をかけてはいけない!
人から見て恥ずかしいことをしてはいけない!
税金はちゃんと払うべし!

竹内家の家訓はこんな感じだったように思います。

でも両親は特段『我が家はちゃんとしている』と思ってはいなかったと思います。
ちゃんとすることは、竹内家にとっては普通のことだったのです。

そんな環境に育った私は子どもの頃から『ちゃんとする』ことが普通だったので、ちゃんとした子どもでした。

学校では大人しい優等生

それが私でした。

子どもの頃は何も疑問を持たずにそうやって生きてきたのですが・・・最近如実に感じるのですが、どうやら『大人しい優等生』は本当の私ではないようです。

そして、気づいたら自分でも知らないうちに私はアンダーグラウンドを抱えていました。

表の自分と、本当の自分の差を埋める為にアンダーグラウンドが必要だったのです。

アンダーグラウンドとは、表では処理できない自分の感情を処理するための場のこと。
周りの人から知られることのない世界です。

根本カウンセラーのブログから引用するなら・・・

表ではお堅い仕事をしているのに夜は風俗で仕事をしている、とか、厳しい家で育ったがゆえにずっと愛人をやっている、とか、マジメに育ったはずなのに恋愛依存症になっちゃった、とか、優等生やっていたがゆえに常に複数の男と付き合っている、などの相談がよく私のところにやってくるわけです。
夫もいるけど彼氏もいる問題もそういう角度から見ることもありますね。

世間に目を向ければ、マジメな社員がギャンブルにハマっていたり、家庭的だと思っていた夫がパパ活をしていたり、きちんとしてる職業の人が実はアル中だったり、まじめでちゃんとした奥さんが不倫を繰り返していたり、よくある話ですよね。

どれとは言わないけれど、私には思い当たる節がありまくりすぎます^^;

他にもアンダーグラウンドになるものはたくさんありますが、アンダーグラウンドとは総じてそれが人に知られたとしても『えぇっ!?あの人が!?嘘でしょ!?』と誰も信じられないであろう、そんな闇の世界です。

表の世界では優等生だけど、それが本当の自分とは違う場合、そこに少しずつストレスが生じます。

そのストレスを処理する為の場所がアンダーグラウンドなのです。

でも、アンダーグラウンドがどんどん巨大になっていくと・・・収集がつかなくなってしまいます。

じゃぁアンダーグラウンドを止めれば良いだけじゃん!という単純な話ではないのです。

なぜ私にはアンダーグラウンドが必要だったのか?というアンダーグラウンドを作ってしまった元の原因に目を向ける必要があります。

ずっと優等生やってきたけど、それって本当に自分らしいのかな?

優等生じゃない、本来の自分ってどんな自分なのかな?

自分と向き合って、それを見つけていくのです。

優等生の看板を下ろす方法

優等生が本来の自分でないのなら本来の自分らしさを見つけ、それを少しずつ外の世界に出せるようになっていければ心が楽になって行くハズ。

アンダーグラウンドを必要とすることもなくなるハズ。

ずーっと掲げてきた「優等生」の看板を下ろすときが来たのです。
誰かのために我慢したり、頑張ったり、いい子をしたり、期待に応えたりする人生から抜け出すときが来たのです。

枠を外す、羽目を外す、自分を解放する、自由になる、私は私のままで居る、私らしさにこだわる、等々を日ごろのテーマにし、「ほんまのあたしってどんなんだろう?」を探求しましょう。

このようにブログ内でも書かれていましたし、私も確かにプロセスは正しいと思うんですけどぉ。。。

でも。
私はちょっと疑問に思いました。

『本当の自分ってどんなんだろう?』とも思うけれど・・・私は「優等生」である自分も結構好きなのです。

私が人から信頼されるのは「優等生」である私でしょうし、私が自分を信頼しているのも「優等生」な部分の私なのです。

「優等生」の看板を下ろす時が来たとしても、「優等生」である自分を否定はしたくないのです。

優等生をやめたいのにやめたくない問題。ややこしい・・・

・「優等生」を否定することは、大好きな私の両親のことを否定することにならないのかなぁ。

・「優等生」をやめちゃったら、今まで頑張ってきた「優等生」の私が悲しがるんじゃないかなぁ。

・「優等生」にも良いところはあるから、それは生かしてあげたいなぁ。

・私のアンダーグラウンドの世界の人たち、どうなっちゃうんだろう・・・可哀想・・・

すごくたくさんのモヤモヤが出てきました。

私はカウンセラーとして日々クライアントさんの話を聞き、分析してアドバイスをしていますが・・・ここまで読んでお分かりのように、自分のこととなるとお手上げです(苦笑)

でも。この問題はなんとかしたい!!

私の優等性らしからぬ事態

実は最近、細かいところで「優等生」らしからぬ事態が発生していて困っているのです。

例えば昨日は不動産屋さんから電話がかかってきて『あのぅ・・・竹内さん・・・10月分の家賃が振り込まれていないんですけど・・・』と言われました。

『嘘でしょ!???ちゃんと振り込んだよ!!!??』と、思った記憶は・・・8月末の記憶でした・・・チーン・・・(爆)

ダメだ。全然ちゃんとできてない。

昨日、冷蔵庫の中の卵の賞味期限を見たら1日過ぎていたし・・・ちゃんとできてなーいっ!!!

はっ!でも、もしかしたら前々から私はちゃんとできていなったのかもしれません。

確かによくよく考えてみれば、子どもの頃は「優等生」だったかもしれないけど、その後の人生は・・・

バーテンダー → アロマセラピスト  → アロマスクール講師  → アロマ教室主宰  → カウンセラー

という、ちゃんとしたサラリーマンの娘にはあるまじき謎の職歴だし、気づいたらバツ2だし・・・全然、ちゃんとしてなかった!!!

あれ?
私って、ちゃんとした「優等生」じゃなかったっけ???

ちゃんとしてるって思ってたのは私だけ???

ついに「優等生」が綻び始めたようです。。。

こんなちゃんとできない私を救うべく、この問題をなんとかしなければいけません。

きっと私の中に答えはあるハズ!それはきっと私の潜在意識が教えてくれるハズ!

そうだ・・・!潜在意識にアクセスするなら・・・ヒプノセラピー!!

という事で、自分で自分にヒプノセラピーをすることができれば良いんですけど残念ながらできないので(涙)週末に友人のヒプノセラピーを受けに行ってくることにしました。

きっと、これから私が経験することは全国のアンダーグラウンドを抱えている優等生さんたちの役に立つハズ!!!

私がリーダーシップを取って、このアンダーグラウンド優等生問題を最短で抜本的に解決する打開策を見つけてやるぅ!!!

・・・師匠のブログのアドバイスに従わずに自分で解決しようとしている所に自立の香りがしますね・・・(根本さん、ごめんなさい!)

今の私が考えているのはこんなことです。

・本来の私ってどんなん?
・優等生な私もマル!本来の私もマル!と思えるようになりたい
・優等生と本来の私を環境によって使い分けるのはアリ?バランスってどう取れば良いの?
・優等生を否定せずに、その歴史を認めてあげたい
・アンダーグラウンドをなんとかしたい

私と同じようなお悩みを抱えている全国のアンダーグラウンド優等生の皆さん!

ぜひ私に会いにきて、お話を聞かせてください^ ^

一緒にアンダーグラウンド優等生問題を解決していきましょう!

今日のブログを読んで『えつこさんっていつも優等生らしく真面目にお悩みに回答しているのに・・・実はちゃんとしてないじゃん!』と、呆れた方もいるかもしれません。

まぁ・・・でも・・・もうこれからはちゃんと優等生できないかもしれないから(笑)こういう話もたまには書いていこうと思います。

これも『本来の私』を見つける一つの方法だと思っています。

読んでくださってありがとう♡

ではまた。

ブログの感想などは、下記のコメント欄または

info@counseling-sou.com

までメールをお送りくださいませ。

==============

・普通のカウンセリングでは解消できなかった悩みがある

・いつもと違う角度から問題にアプローチしたい

・過去と向き合うよりも、未来を変えたい


ヒプノセラピーで潜在意識にアプローチして、あなたのお悩みを解決に導きます!


自分らしさで未来を書き換える ヒプノティックカウンセリング 【東京 恵比寿・オンライン】

※お悩みに合わせたアロマを使用した アロマハンドトリートメントつき♡(対面のみ)


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カウンセリング メニューを見る




☆★☆お知らせ☆★☆

このブログの更新情報などをメルマガでお届けします!


メルマガは

・お悩み相談 / ブログ
・今日の【恋愛のお作法】
・メルマガ読者限定セッションのお知らせ
・セミナー情報


などの内容でお送りします。
ほぼ毎日20時頃にお届けします。


ご登録はコチラからどうぞ!


Studio Sou 竹内えつこ メルマガ登録


【インスタ始めました!】

良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】

LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。

お友達登録お願いします♡

友だち追加


もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ


竹内えつこのプロフィールはこちら



Studio Souは東京 恵比寿にあるカウンセリングルーム。

人間関係・恋愛・生きづらさをテーマにしたカウンセリング、悩み相談を行っています。

ヒプノセラピーを使って様々な問題を潜在意識からズバッと解決する 提案型カウンセリングです。

Studio Sou HP

アメブロで恋愛テクニックに関するブログを書いています。

ダメンズ・2番手の女はもう卒業!20年以上彼氏が途切れない! モテ女 恋愛心理カウンセラーが教える【恋愛のお作法】

Amebaブログはこちら

関連記事

  1. 【メルマガ】黒歴史シリーズ:夢見る男

  2. 【自分自身】自分にも他人にも厳しくて困っています【お悩み相談…

  3. 【夫婦関係】旦那さんの不倫から離婚を要求されました【お悩み相…

  4. 【ご質問】お金を使って貰っちゃダメと思っている私が、ブロック…

  5. 問題解決の鍵は『ビジョン』にあり!

  6. 【自分自身】燃え尽きて抑鬱状態になってしまいます【お悩み相談…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP