【夫婦関係】入籍後、とっても優しかった彼がモラハラ夫に変貌してしまいました【お悩み相談】


こんにちは。生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

夫との価値観の違いについて

昨年、私はスピード婚をしました。
わずか数ヶ月の交際・同棲の末ささっと籍を入れたのですが、入籍後とっても優しかった彼がモラハラ夫に変貌してしまいました。

夫は常に自分が正しい、自分を中心に世界が回っていると思っていて、喧嘩をしてもまともな話し合いができず、話は平行線のまま。
自分から謝る事なんてありません。
私の理想としては、喧嘩をしたらお互いの嫌な所を指摘し合って高め合っていきたいのですが、夫はプライドも承認欲求も高く、欠点を責められたくないそうです。
普段は仲が良いのですが、喧嘩する度に私がどう頑張っても価値観が合わなさすぎて理解してあげられないな、と毎回絶望感を感じてしまいます。

やはり私が自己肯定感が低いから?と反省し、根本先生の本を読んだりはしているのですが…
喧嘩をする度に重い空気に耐えられず、とにかく私が謝ってしまいます。
どうすれば自分軸で生きていけるようになるのでしょうか?
価値観の違いは仕方ないものなのでしょうか?

稚拙な文章ですみません。

ギズモさん

モラハラはなぜ起こる?

ご相談ありがとうございます。

スピード婚だったということですが、旦那さんのモラハラ気質、交際中にちょっと気づいていたのではないですか?
『おや?』という違和感がありつつも、ご結婚されたではないでしょうか?

と言うのも、私がそうだったからです。
・・・あっ!勝手に同じにしちゃってすいません!!!

私もギズモさんと同じく、スピード婚でした。
私は交際中、元夫(今は離婚しています)の言動に違和感を覚えていましたが、まぁ別に良いか・・・と思って結婚することにしました。
私の場合は、元夫に対する愛情・・・言うよりは『結婚』することがその時の自分にとっては必要だと思ったのです。
まぁ、私の事情は今回の話とは関係ないと思うので割愛しますね。

で。
違和感を覚えつつ結婚してみたら・・・やっぱりモラハラ夫に豹変!!!という展開。
まぁ・・・きっと結婚したから豹変!ではなく、元々そういう気質があって、それが結婚を期に本格的に表に出てきただけなんだと思うんですけどね。

なので、ギズモさんの旦那さんも元々モラハラ気質を持っていて、それが結婚を期に表出してきたのではないかなぁと推測します。

そもそも。
モラハラはなぜ起こるのでしょうか?
これはモラハラをする人、モラハラを受ける人、どちらにも理由があります。

モラハラをする夫は、基本的に自信がありません。
自己肯定感が低く、無価値感を抱えています。

>夫は常に自分が正しい、自分を中心に世界が回っていると思っていて、喧嘩をしてもまともな話し合いができず、話は平行線のまま。
>自分から謝る事なんてありません。

自信がないモラハラ夫にとって、自分は間違っていてはいけないのです。
自分に自信がない分だけ、自己主張をしますし、自分の意見を曲げることはありません。
自分の意見が『間違っている』と認めてしまったら、見たくない本来の自分(自信がなくて価値がない自分)を認めることになってしまうからです。

そして、モラハラ夫にとって、妻は唯一の自分の味方であり、自分を認めてくれる存在です。
愛するが故に、一番失いたくない存在でもあります。
なので、モラハラ夫にとって 妻を失うこと=恐怖 なのです。

その為、怖れが強い分、モラハラ夫は妻を支配したり、コントロールしたり、暴言で弱らせたり、自分に従わせようとします。

そして、モラハラを受ける妻の方にも理由があります。
『夫婦は鏡』と言いますので、モラハラを受ける妻もモラハラ夫と同じく自己肯定感が低く、無価値感を抱えています。
自己肯定感が低くなかったり、無価値感も感じていなかった場合も、夫の暴言によって徐々に自己肯定感が低くなり、無価値感を抱えるようになります。

モラハラを受け続けることで 自分には価値がないから、夫に従うしかない というマインドに変わっていきます。

妻を失いたくなくて、支配する夫
自分には価値がないから夫に従う妻

こんな感じでモラハラは成り立っています。

一般的なモラハラについて解説してみましたが、他にも色々なケースがあるので、ギズモさんご夫妻のケースに当てはまっているかどうかは分かりませんが・・・ご参考までに。

モラハラから抜け出す為に

ご相談を読ませていただくと、まだご結婚されたばかりでモラハラが始まったばかりなのですよね。
早めにご相談いただいて、本当に良かったです!!!

このまま続くと、遅かれ早かれ旦那さんにコントロールされてしまうと思います。
モラハラ夫は受け入れる妻がいないと成立しません。
なので、大事なのは自分軸を持つことです。

>私の理想としては、喧嘩をしたらお互いの嫌な所を指摘し合って高め合っていきたいのですが、夫はプライドも承認欲求も高く、欠点を責められたくないそうです。

残念ながら、これはすぐには難しいと思います。
なので、まずは『あなたはそう思うんだね』と、相手の価値観を否定せずに認めてあげることです。
夫の価値観は夫の価値観。
でも、私の価値観は私の価値観と思ってください。

大事なのは私には私の価値観や感情があるということです。

>喧嘩をする度に重い空気に耐えられず、とにかく私が謝ってしまいます。

これは・・・気持ちはとっても分かるのですが・・・正直、オススメできません。
モラハラ夫に謝る=自分の価値観を受け入れてもらった と認識されますので、『この前、謝ったってことは、俺が正しいって認めたってことだろ!?なんで従わないんだ!??』と、またコントロールに繋がってしまいます。

重い空気になったら、一度その場を離れて距離を取ってみませんか?
自分が黙ればギズモさんが謝ってくれると知っているので、沈黙やその重い空気を使ってギズモさんをコントロールしようとしているかもしれませんよ。

そして、自己肯定感を高めることも大切です。
モラハラ夫から責められて傷ついたら、そこが自分のコンプレックスなのです。
できない部分だったとしても、ご自身まで自分のことを責めないようにしましょう。

ダメな自分も受け入れる

これが今のギズモさんには必要だと思います。
モラハラの苦しさは、相手の暴言によって傷つけられること、そしてその暴言を使って自分で自分のことを更に傷つけることです。

ジュンコカウンセラーも書いていましたが、本当に無理だと思ったら逃げてください!
物理的に距離を取るしか、モラハラから逃げる方法はありません。

もし良ければ、私のセッションもご利用ください。
モラハラから抜け出す方法、モラハラ夫への対処法など、それぞれのケースに合わせてアドバイスできると思います。

大事なのは一人で抱え込まないことです。

必ずどこかに頼れる場所を用意しておいてくださいね。

モラハラは良くない!という感じで書いてきましたが、お互いに愛情がなかったらモラハラの関係は成立しません。
旦那さんはギズモさんを愛しているから、コントロールしようとする。
ギズモさんは旦那さんを愛しているから、受け入れようとする。
そうですよね?
今の方法が良くないだけで、愛し合っているということは変わらないのです。
なので、これからはお互いを縛る関係ではなく、愛で純粋に繋がることができれば良いなぁと思います。

お二人の関係が良くなっていくことを願っています。
ご相談ありがとうございました。

==============
・共感だけのカウンセリングじゃ物足りない!
・スバっと言ってもらいたい!
・現実的で理論的なアドバイスが欲しい!

そんなあなたをお待ちしています♡

対面セッション【池袋・オンライン】
体験セッション90分:23,000円(税別)
※お悩みに合わせたアロマを使用した アロマハンドトリートメントつき♡(対面のみ)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今すぐセッションに申し込む

【インスタ始めました!】
良ければフォローお願いしますっ!!!
下記アイコンをクリックしてね!

counseling_sou

【LINE@やってます!】
LINE@ではぷちお悩み相談(一往復 無料!)をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

ブログの感想などは、下記のコメント欄または
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

竹内えつこのプロフィールはこちら

Studio Souは東京 池袋・目白にあるカウンセリングルーム。
恋愛・夫婦問題・パートナーシップ・人間関係に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【恋愛】どうしても忘れられない元彼がいます【お悩み相談】

  2. 【自分自身】37歳。今後の自分の未来が見えません。このまま、…

  3. 大丈夫じゃない時もあるよね

  4. 【恋愛】失恋した後、優しくしてくれる男性に甘えたくなってしま…

  5. 【Q&A】どうして手放さなくてはいけないのですか?…

  6. 【ライフワーク】支社の立ち上げを任されたが、相談できる相手も…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP