【自分自身】現実が嫌で仕方ありません。今後のためにどうすればいいのでしょうか【お悩み相談】


こんにちは。生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーの弟子カウンセラーたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です(無料です)。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

現実が嫌で仕方ありません。今後のためにどうすれば

現実が嫌で仕方ありません。
女子校に通ったこと、文理選択で苦手な方を選んだこと、低ランクの大学に行ったこと、苦手な相談援助を専攻したこと、卒業後就職できなかったこと…。

現在社員以外を転々としていて、現実に不満だらけだけど自分には何もなくて、手つかずな状況です。
食いつなぎ拾ってもらってる状況ですが、年齢的にも精神的にも限界です。

全ての選択に母が関わっていて、いつもどこか嫌悪してましたが、絶対の母に逆らうことができず丸め込まれ、今の状況にも理解がありません。

今も早く働け、なんで動かないの一点張りでこっちは主張する気にもなりません。

私は動かない体を無理に引きずって、派遣の今もついていけない状況なのに…。

それを伝えても振り出しに戻り論点がズレ都合いい主張しかしません。

言い合いになるとひどく頭が痛くなり、目に見えない圧力をヒシヒシと感じ滅入ってます。

AKさん

未来に生きる

ご相談ありがとうございます。

AKさん。
質問です。

えーとぉ・・・
現実ってなに??

>現実が嫌で仕方ありません。
>女子校に通ったこと、文理選択で苦手な方を選んだこと、低ランクの大学に行ったこと、苦手な相談援助を専攻したこと、卒業後就職できなかったこと…。

>全ての選択に母が関わっていて、いつもどこか嫌悪してましたが、絶対の母に逆らうことができず丸め込まれ、今の状況にも理解がありません。

・女子校通い
・文理選択で苦手な方を選択
・低ランクの大学
・苦手な相談援助を専攻
・卒業後、就職できなかった
・全てお母さんの選択に逆らうことができなかった

これって・・・現実??
今のこと??

AKさんが挙げてくださってるのって、ぜーんぶ過去じゃないですか?

AKさんは今(現実)が嫌なのではなく、ご自身の過去が嫌だ!!だから今も嫌だ!!って思われているのではないでしょうか?

人間は過去を積み重ねて今があります。
今の自分を作ってくれたのは、過去の自分です。
その過去の自分を全否定していては、今の自分のことを肯定することは難しいですよね。

ちょっと厳しいのですが、一言良いですか?

【えつこからズバッと一言♡】
過去に生きないで!今に生きよう!!

今のAKさんは過去ばかりを見て、今の自分を見ていないのではないでしょうか?

AKさんが過去を悔やんでいるお気持ちは、ご相談を読んでいてとても伝わってきました。
でもね。
過去の方ばかり見ていても現実を変えることはできません。

AKさん、過去に目を向けるのではなく今や未来に目を向けていきませんか?
視点を変えましょう!

過去に何か問題があったからといって、未来は幸せになれないとは限りません。

私の過去は◯◯だから、私は今も幸せではないし、未来も幸せになれない

こう決めつけているのはご自身ですよ?
それに気づいてください。

私は2度結婚して、2度離婚しました。いわゆるバツ2です。
世間的には『バツ2の女性って問題あるんじゃない!?』『もう3度目の結婚はないよね〜』と思われるかもしれませんが・・・
そんなの、誰が決めたの?と私は思います。

私の現実は

・『離婚して俺と出会ってくれてありがとう』と言ってくれるパートナーに出会いました
・3度目の正直!じゃないけど、最後は大好きな人と結婚したいと思っています(そして、きっとすると思います)

こうです。

でも私が過去を悔いて、過去ばかりを見て生きていたとしたら・・・

・2度も離婚したなんて、私は問題だらけの人間だ!!こんな私を愛してくれる人なんているハズがない!!
・2度も結婚を失敗したから、もう次は結婚できるわけない!!

こう思い込んでいたら、私の現実は違うものになっていたでしょう。

これって視点を変えただけなのですよ。

・2度離婚したということは、それだけ色々な経験を積んだということ
・夫婦問題で自分が傷ついたからこそ、これから先のパートナーを大切にできる
・離婚と私の幸せとは関係ない

私はこう思うことにしたんです。

どんな過去があったとしても、それを肯定的に捉えることができれば、未来を見つめることができると思います。

過去を才能に変える

そしたらこの先は、AKさんの過去をどうやって肯定的に見るか一緒に考えてみましょう!

・女子校通い

女子校に行っていたメリットってなんでしょう?
同性と関係を築くのが上手い?
コミュニケーション能力が高い?
共感力が高い?
感情が豊か?

どれも人とのコミュニケーションにとても大切な要素ですよね。
女子校に行くことによって、AKさんは人との輪を作る能力が上がったのかもしれませんよね?

AKさんも他に思いつく限り挙げてみてくださいね。

・文理選択で苦手な方を選択

これってご自身が『そう思い込んでいる』だけで、実は苦手じゃなかったってケースもあると思います。
もう一方の自分が得意と思っている方を選択したとしても同じように感じたかもしれませんよね?
また、苦手な方を選択したことによって、苦手を克服する力が身についたのではないでしょうか。

・低ランクの大学

これもご自身が『そう思い込んでいる』だけですよね。
低ランクって・・・ご自身の価値観の中では、って事ですよね?

つまり、ご自身では自分の能力はもっと高い!と思っていらっしゃるって事ですね?
自分の能力に見合わない低ランクの大学に行ってしまった!と悔いていらっしゃるのだとしたら・・・未来はもっと自分の能力にふさわしい環境を与えてあげることができるんじゃないですか?

・苦手な相談援助を専攻

これもご自身が『そう思い込んでいる』だけですよね。
でもなんで相談援助を専攻されたんでしょうねぇ?
ご自身の中に『誰かの役に立ちたい』『誰かを助けたい』という気持ちがあるのではないですか?
職業として生かさなくても、これって人間関係の中でとっても役に立つ資質だと思いますよ。

・卒業後、就職できなかった

卒業したらすぐに就職できなかったら・・・何がダメなんでしょう?
それって『世間はこうだから』とか『普通はこうだから』とか、他人軸な考え方ではないですか?
AKさんは卒業後、自分が何をしたいのかじっくり考える時間を作ったと考えてみてはどうでしょうか?

・全てお母さんの選択に逆らうことができなかった

これは色々な要素があると思いますが、良い所をあげるなら『お母さんのことが大好き!』ってことですよね。
お母さんを喜ばせてあげたいという気持ちがAKさんの中にあるのではないでしょうか。

こんな感じで、自分の過去を肯定的に書き換えていきましょう。
否定的な過去の上の現実ではなく、肯定的な過去の上にある現実だったら・・・少し今が変わって見えませんか?
そして、肯定的な過去の上に理想の未来(ビジョン)を作っていきましょう。

過去ばかりを見ずに、未来を見ていくのです。

私はこういう過去の捉え直しが得意です。
なので『私の過去には何も良い面が見つからないよ〜!!!』という方はぜひ一度、私のセッションでご相談ください。
オセロをパタパタひっくり返すかのごとく、あなたが抱えている否定的な過去を肯定的な側面から見ていきますよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
セッションのお申し込みはコチラ

自分の為に生きる

最後に私が気になったのは

お母さんの為に生きていない?

ということです。
上記の『お母さんが大好き』ということもあると思うのですが、AKさんはちょっとお母さんと心の距離が近すぎるように感じます。
AKさんはAKさんの意思というよりも、お母さんの意思で生きているように私は感じました。

そりゃあ、自分のためじゃなくお母さんのために生きていたら窮屈に感じますよねぇ。
現実が嫌だって感じますよねぇ・・・

>全ての選択に母が関わっていて、いつもどこか嫌悪してましたが、絶対の母に逆らうことができず丸め込まれ、今の状況にも理解がありません。
>今も早く働け、なんで動かないの一点張りでこっちは主張する気にもなりません。
>私は動かない体を無理に引きずって、派遣の今もついていけない状況なのに…。
>それを伝えても振り出しに戻り論点がズレ都合いい主張しかしません。
>言い合いになるとひどく頭が痛くなり、目に見えない圧力をヒシヒシと感じ滅入ってます。

今のAKさんはお母さんがいないと何もできない子どもではありません。もう大人ですよね?
お母さんの為に働いているのでも、生きているワケでもないですよね?
自分の意思でなんでも選んで良いハズなんです!

でも・・・なぜお母さんに自分の意思を伝えたり、お母さんのご機嫌を伺わなくてはいけないのでしょうか?

これは心理学的には『癒着』だと思います。
AKさんは自分とお母さんの境界線がなくなっている状態なのではないでしょうか。

私からのアドバイスとしては【お母さんとの距離を適切な距離にする=癒着を切る】ということです。

・心の中で距離を取る
・物理的な距離を取る

できる方からやっていきましょう。

簡単なアファメーションをご紹介します。

私は私
お母さんはお母さん
私はお母さんがいなくても自分で選ぶことができる
私は私の人生を生きる
私の幸せとお母さんの幸せは関係ない
私はお母さんがいなくても幸せになる
お母さんは私がいなくても幸せになる

以上です。

繰り返し、口に出してみてください。
多分・・・最初は途中で止まっちゃうと思うんですけど・・・それでも念仏だと思って感情を入れずに何度も繰り返してみてくださいね。
そのうち少しずつAKさんの心に染み込んでいくと思います。

自分の人生を生きていないと、どこか窮屈な気持ちになります。
今の自分を否定したくなったり、誰かのせいにしたくなったりします。

AKさん、長い間お母さんの為に生きてきたのだとしたら、一人で自分の人生を歩んでいくのは辛いかもしれません。
でも勇気を出して自分の人生を歩み始めたら、きっと自由でのびのびと自分らしく選択していけると思いますよ。

つまずいた時、辛い時は私たちカウンセラーもサポートしますので、ぜひ頼ってくださいね。

ご相談ありがとうございました。

================
◯全てを否定的に考えてしまう
◯自分の人生を生きていない気がする
◯自分らしさが分からない

今抱えている生きづらさを手放して、あなたらしい未来を手に入れませんか?
セッションを受けることは、きっと自分の人生を生きる第一歩になります。

Studio Sou のセッション
【対面:池袋・zoom】
体験セッション
60分:15,000円 120分: 30,000円

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
今すぐセッションに申し込む

LINE@ではぷちお悩み相談をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ

Studio Souは東京 池袋・目白にあるカウンセリングルーム。
恋愛・夫婦問題・パートナーシップ・人間関係に関するカウンセリング、悩み相談を行っています。
様々な問題をズバッと解決する提案型カウンセリングです。
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【夫婦関係】一年前から夫に離婚を言い渡されています【お悩み相…

  2. ※キャンセル待ち【募集再開】1/12(日)カウンセラーバー …

  3. 【人間関係】孫がコロナを怖がっています。大人はどのように接し…

  4. 【夫婦関係】入籍後、とっても優しかった彼がモラハラ夫に変貌し…

  5. 自分と向き合うこと⑥:ラスボス オカンと向き合ってみる

  6. 【恋愛】まともな彼氏ができない自分にすごくコンプレックスを持…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP