【恋愛】不倫の彼を手放す=別れる ですか?【お悩み相談】


自己肯定感を上げて自分軸になって彼を手放す = 別れる
ではありません。
手放すことで、自分で選択できるようになるのです。

そもそも、今の不倫の彼を選んでいるのはなぜでしょう?
ご自身と向き合うタイミングが来ているのかもしれませんよ。
==============
生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子さんたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です。
皆さま、お気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

不倫の彼とよりよいパートナーになりたいと思うのはだめ?

バツイチ子持ちのシングルマザー33歳です。

上司だった年上の彼と不倫関係になってから1年9ヵ月経ちました。

不倫ではない今までの恋も苦しかったし、今も苦しいと感じることが多く、色々読み漁り、この場にたどり着きました。
根本先生のブログを読み、自己肯定感を上げる、自分軸で生きる、彼を手放すこと…今の私に必要なのかなと感じています。

ただ、夫婦間の問題だとそれらが再構築に繋がるけど、不倫関係だと別れることに繋がってしまうのでしょうか?
自然と別れたい気持ちになるのなら仕方ないのかもしれないけど、無理やり別れたくはありません。
今よりもっと苦しくなるから。

私が自己肯定感を上げて自分軸になって彼を手放したら、いちいち奥様を気にしなくなって、彼ともっといい関係を築けるのでは?
と、思うのですが、それは夫婦間では有効だけど、不倫関係だとあてはまらないてようなニュアンスがあって、なんだか悶々としてしまいます。

それぐらい彼との関係が大切で、執着しているんだと思います。

不倫の彼とより良いパートナーシップを築くにはどうしたらいいでしょうか。

ヒナさん

なぜ既婚者を選ぶのか?

ご相談ありがとうございます。

そもそもの話になってしまうのですが、ヒナさんが不倫の彼を選んだのはなぜでしょうか?
未婚の彼ではなく、既婚者を選んだのはなぜ?と私は思いました。

>バツイチ子持ちのシングルマザー33歳です。

ヒナさんはバツイチということですが、離婚後の恋愛のパターンとして不倫が多いことはご存知でしょうか?
離婚で傷ついた分だけ『もう二度と傷つきたくない!』と潜在意識が思うので、無意識に結婚から遠い相手(既婚者)を恋愛相手として選んでしまうのです。
既婚者じゃない場合は、ハードワークでなかなか会えない彼だったり、野良猫やロックマンを選びますが、これも同じ理由です。
自分と距離がある相手とは安心して付き合えるけど、自分と距離が近くなると怖くなってしまうからなのです。

これを親密感の怖れと言います。

なんて偉そうに書いておりますが、私自身はバツ2で、自分が上記の親密感の怖れをバリバリ持っていると自覚しています。
なので2年前に2度目の離婚をしてからの恋愛は、ヒナさんと同じように既婚者だったり、ハードワーカーだったり・・・我ながら『おぉ!よくこんな物件見つけてきたな!!』というような問題のある男性と恋愛を繰り返してきました。

ヒナさん、独身男性とお付合いすることを想像してみてください。
・・・逃げたくなるくらい、怖くないですか?

私は昔、独身男性に『付き合ってほしい』と言われて
『付き合うより・・・先に結婚しない?それだったら良いけど』
と答えたことがあります。
付き合って結婚するかしないか考える恐怖を味わうくらいなら、と言うか・・・そもそも結婚が怖いから・・・もう先に結婚しちゃったら良いじゃん!!!って私は思ったのです。
ちょっと頭がおかしい発想ですが、私にとってはそれくらい結婚が怖かったのです。
言われた男性は・・・引いたでしょうねぇ。(それくらいで怯む男はいらんけど)
恐るべし、親密感の怖れ。

なので、今回のご質問の内容とは全く違うのですが、ヒナさんご自身で一度親密感の怖れについて向き合ってみることをオススメします。

・なぜ今の不倫の彼を選んだのか?
・前の結婚での傷が原因なのか?
・何か解消できていない感情があるのか?
・結婚することについてどう感じるか?
・男性との心地良い距離感はどんな距離感なのか?

ここら辺を棚卸ししてみられると良いと思います。
今の不倫の彼とお付きあいして1年9ヶ月の間、きっと考えたことはなかったのではないでしょうか。

このご相談を機に、ご自身と向き合う時間を作るのも良いと思いますよ。
もしかしたら私たちに相談してくれたのは、ヒナさんの潜在意識がひなさんご自身に『自分自身と向き合うタイミングが来たよ!』と知らせているのかもしれません。

彼を手放す=別れ?

はい。
そしたら本編に戻ります!

>根本先生のブログを読み、自己肯定感を上げる、自分軸で生きる、彼を手放すこと…今の私に必要なのかなと感じています。

そうですね。
自己肯定感を上げて自分軸で生きるのってとっても大切です!
根本師匠の自己肯定感本などを読んで、自己肯定感を上げていきましょう!(宣伝して良い弟子アピール)

>私が自己肯定感を上げて自分軸になって彼を手放したら、いちいち奥様を気にしなくなって、彼ともっといい関係を築けるのでは?
と、思うのですが、それは夫婦間では有効だけど、不倫関係だとあてはまらないてようなニュアンスがあって、なんだか悶々としてしまいます。

うーん。
自己肯定感を上げて自分軸になって彼を手放す = 別れる
ではないと思うんですよね。

今のヒナさんは彼との関係に執着・癒着している状態です。
その執着・癒着を、自分軸を取り戻すことで手放そうよ!という話なんです。

例えば・・・

今のヒナさんは彼と手を繋いでいないと一歩も歩けない状態だとします。
なぜならヒナさんは『私には歩く能力がない』と思い込んでいるからです。(これが自己肯定感が低い状態)
そして『彼が一緒に歩いてくれるから、私は歩けるんだ』とも思っています。。(これは他人軸&執着・癒着です)

これが自己肯定感を取り戻すことで『自分には歩ける能力があるんだ!』ということをヒナさんは思い出します。
そして自分軸を取り戻して彼を手放すことで『彼がいなくても私は歩けるし、彼と一緒でも私は歩ける』と思えるようにもなります。

この例え、なんとなくイメージできます?

自己肯定感を上げて自分軸になって彼を手放せると

選択できるようになる

ということなんです。

・彼と一緒にいることが幸せだから一緒にいる
・結婚できる真実のパートナーを探す

どちらでも自分で選べるようになります。
これが夫婦の場合だと『お互いの関係をもう一度見直す』ことに向かうのですが、基本的には同じです。
夫婦であっても

・夫と一緒にいることが幸せだから一緒にいる
・他の真実のパートナーを探す

どちらかを選択できるようになります。

なので彼を手放した後、別れるかどうかはヒナさん次第なんです。

真実のパートナー

それでは最後に
【えつこからズバッと一言♡】
その彼、真実のパートナーなのかなぁ?一度、手放しても良いのでは?

ヒナさんと不倫の彼の関係がどんな感じなのか、ご相談では触れていなかったので分からないのですが・・・
彼が真実のパートナーだったら、別れたとしてもまた再び一緒になることができます。
そしてその時はお互いが対等で(どちらかが結婚していないという意味で)一緒にいられると思います。

本当に彼が真実のパートナーだと思うのであったら、一度別れるのもアリだと思います。
でもテクニック的に『じゃぁとりあえず別れよう』と考えてやるのはNGです。これはうまくいきません。
ヒナさんが、ご自身と向き合って彼を手放して、別れを選択できたら・・・二人の関係がまた変わっていくかもしれません。

苦しいから別れたくない!!
という気持ちが強ければ、別れるのはやめましょう。
今のヒナさんには彼が必要なのですから。

ヒナさんがどんな形であれ、ご自身で幸せを選べるようになれば良いなぁと願っています。

ご相談ありがとうございました!

=================
メルマガ配信しています!

今週のテーマは【デートのお作法:初デートの待ち合わせ場所はどこ?】です。
週2-3回配信予定。
ぜひ読者登録してくださいね!

【女性向け】心理カウンセラーがこっそり教える♡恋愛のお作法

 

【男性向け】女ゴコロが分からない!そんなあなたに心理カウンセラーが教える♡恋愛テクニック

 

Studio Souのセッションはこちら

Studio Souの面談セッション

LINE@ではぷちお悩み相談をやっています。
ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

私に直接ブログや動画でに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!
メールはこちら

開けない方は
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【自分自身】自分の世界を広げたいです【お悩み相談】

  2. セッションの感想をいただきました!⑤

  3. ☆動画☆【自分自身】どうしたらダイエットを続ける事ができるで…

  4. 言えなかった言葉

  5. 【恋愛】幸せになりたいとか楽しいと感じることに抵抗があります…

  6. ☆動画☆【人間関係】誰かを助けることで満たされるのは他人軸?…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP