【恋愛】不倫の恋が終わったのですが、彼のことを断ち切れません【お悩み相談】


既婚者であれ未婚であれ、失恋は同じ失恋です。
人を好きになって、その恋が終わりを迎えたのです。
失恋による痛みや傷の大きさは同じだと思います。

出会えて良かった。愛せて良かった。愛してもらって幸せだった。
そう思える恋愛だったからこそ、苦しいですよね。

今はまだ傷ついています。
少し、お休みしませんか?
==============
生きづらさを自分らしさへ変える パートナーシップ コンサルタント Studio Sou 竹内えつこです。

今日も『ココロノマルシェ』に届いたお悩みにお答えします!

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子さんたちが、皆さんからのお悩みを受け付けている掲示板です。
お気軽にご投稿ください。
ココロノマルシェ

今日のお悩みはコチラです。

断ち切れません、彼が恋愛関係だった時と変わらぬ態度で接してきてくれます。

既婚者です。

会社の後輩と恋愛関係になりました。

去年末に同僚の後輩と付き合うことになったと言われ振られました。
それ以降、半年経ちますが未だ立ち直れません。

後輩が一緒に休んでるだけでイライラし、お互いの顔を見るのがほんとに気持ち的に辛いです。

ただ、彼が恋愛関係だった時と変わらぬ態度で接してきてくれます。
ぐちを聞いてくれたり、ラインのメッセージをくれたり。
それが嬉しくて反応してしまい、またすぐ落ち込む毎日です。

どうしたら忘れて、二人を祝福出来るようになるでしょうか?

脈略ない文章で申し訳ありません。

あれれのれさん

不倫の恋でも失恋は失恋

ご相談ありがとうございます。

失恋・・・お辛かったですね。

あれれのれさん、ちゃんとたくさん泣きましたか?
盛大に落ち込みましたか?
話せる人にたくさん話を聞いてもらいましたか?
自分の為にお休みを作りましたか?

不倫の恋はなかなか人には話せず、自分の中で処理をしようとして溜め込んでしまうことが多いです。
人に話せない時は、ノートに気持ちを書き出してみたり、私達カウンセラーに話を聞いてもらったりして、自分の感情を外に出すことをしてくださいね。
感情は溜めておくと、後で思わぬ時に爆発してしまいます。。。

私はカウンセラーとして、不倫だからどうこう・・・と批判するつもりはありません。
あれれのれさんは既婚者ということですが、既婚者であれ未婚であれ、失恋は同じ失恋です。
人を好きになって、その恋が終わりを迎えたのです。
失恋による痛みや傷の大きさは同じだと思います。

悲しい時は悲しい、辛い時は辛い

それで良いんです。
それだけ、彼のことが大好きだったということですよね。それだけ、彼と真剣に向き合っていたということですよね。
まずはご自身の傷ついた心に寄り添ってあげてください。

>去年末に同僚の後輩と付き合うことになったと言われ振られました。
>それ以降、半年経ちますが未だ立ち直れません。

だって・・・まだ半年だもの。立ち直れなくて無理はありませんよ。
あれれのれさんは、たくさんたくさんの愛情と情熱を彼に注いでいたのですから。

私、悲しかったね。辛かったね。
本当に彼のこと、大好きだったんだよね。

そう言ってあげてください。
彼のこと、本当に大好きだったご自身を認めてあげてください。

そんな恋ができた私ってすごいな!

って言ってあげてください。

隠さなければいけない気持ち

>後輩が一緒に休んでるだけでイライラし、お互いの顔を見るのがほんとに気持ち的に辛いです。

そうですよね。
ただでさえ傷ついているのに、彼が新しい恋人といるのを見なくてはいけないだなんて・・・
私も想像しただけで息が苦しくなるほどです。
もちろん、あれれのれさんが彼と付き合っていたことは周りの人は知らないでしょうから、その気持ちを押し隠して接さなくてはいけないのですよね。

誰もわかってくれないし、気持ちを隠していなくてはいけないし・・・
イライラする気持ち、すごく分かります!

そして、二人の姿を見るのは辛いですよね。
彼と新しい彼女が一緒にいるところを見るのは、あれれのれさんの傷口にレモンとタバスコを塗り込むことになるのではないでしょうか。
痛い・・・痛すぎます・・・

あれれのれさん、その二人の姿を見ないような環境に変えることはできないのでしょうか?
部署を移動するとか、席替えをしてもらうとか・・・
何かしら物理的に距離をとった方が良いと思うんです。
あれれのれさんの心の為に。

だって、それだけ情熱を注いだ恋だったのですよね?
自分の傷をえぐり続けるような環境にいなくてもいいのでは・・・と私は思ってしまいました。

罪悪感で自分を責める

うーん。。。
もしかして、あれれのれさんは自分を罰したいのでしょうか?

ふと思ってしまいました。
二人の姿を見ることで、あれれのれさんが得ることって何もないですよね。

どうして、そんなにご自身を傷つける環境に身を置いているのでしょうか?

彼とお付き合いしている時、あれれのれさんはご自身を責めていませんでしたか?
(これは推測ですが)彼と結婚できないことや、ご自身が結婚していることなどで罪悪感を持っていませんでしたか?

もしそうだったとしても・・・別れた後もご自身を責め続けるのはやめませんか?
自作自演だとしても、厳しすぎるんじゃないでしょうか。。。

今のあれれのれさんって、傷口からまだ血が出ているのに『拙者は戦場に戻って戦わねばならぬのじゃ!!』と言っている武士のようです。

今はまだ傷ついています。
少し、お休みしませんか?

彼と一度、距離を取っても良いと思うんです。

>ただ、彼が恋愛関係だった時と変わらぬ態度で接してきてくれます。
>ぐちを聞いてくれたり、ラインのメッセージをくれたり。
>それが嬉しくて反応してしまい、またすぐ落ち込む毎日です。

あれれのれさんは、まだ彼のこと大好きなんです。
これでは断ち切るどころか、彼のことを心の中で握りしめたままになってしまうのではないでしょうか。

>どうしたら忘れて、二人を祝福出来るようになるでしょうか?

本当にこれを望むなら・・・厳しいことを言うようですが、私は彼と距離を置くことをオススメします。
その方が、せめてあれれのれさんの心が傷つかないと思うからです。
今のままでは、近いうちに心がダメになってしまうのではないでしょうか。。。私はそれが心配です。

少し長くお休みが取れるなら、取ってみましょう。
もし職場を変わることができるなら、変わることも1つの手だと思います。

彼にも言ってみても良いかもしれません
『メッセージをくれたりすると、あなたのことを諦められなくなるからやめてほしい』
って。

彼のことを大好きなままでいること自体は、私は良いと思うんです。
でも、ぎゅうぎゅうに握り締めるのではなく、少し緩めてみませんか?
その為の『距離を置く』と思ってみてください。

私の心の中にも大好きなままの人が何人かいます。
彼らのことを今でも大好きだけど、私は彼らの幸せを心から願っています。
ぎゅうぎゅうに握り締めるのではなく少し緩めてみると、そう思える日が来るかもしれません。

出会えて良かった。愛せて良かった。愛してもらって幸せだった。
そう思える恋愛だったからこそ、苦しいですよね。

それでは最後に
【えつこからズバッと一言♡】
>どうしたら忘れて、二人を祝福出来るようになるでしょうか?
そんなん・・・しなくて良いんじゃないですか?今は。

だって、まだいっぱい傷ついているんです!

彼のことを祝福してあげたいと思うくらい、あれれのれさんは彼のことを愛しているんだと思います。
その気持ちは本当に素晴らしいと思うし、それだけ人を愛せるってすごい才能だと思います。

でも。
まずはご自身の心を大切に。

ゆっくり、ゆっくりで良いんですよ。

ご相談ありがとうございました。

=================
既婚者なのに、他の男性を求めるのってなぜ?
不倫をしていることを友達や家族には相談できない。
なんで私は不倫ばかりを繰り返してしまうのだろう?

なかなか人には相談しづらいお悩みだと思います。
カウンセラーはあなたの恋愛を否定することはありません。
恋は、恋なんです。

Studio Souのセッションは、不倫お悩みをバシッと解決します!
なぜそうなってしまうの??の『なぜ?』を鋭い洞察力で見つけます。

安心安全な場所で、あなたの恋の話をお聞きしますよ。

体験セッション、お得なセットコースもあります。

Studio Souの面談セッション

LINE@ ブログの更新情報やセミナー情報などをお届けします。
お友達登録お願いします♡
友だち追加

私に直接ブログや動画でに取り上げて欲しいお悩み、ネタ、質問などありましたら下記までどうぞ!!
メールはこちら

開けない方は
info@counseling-sou.com
までメールをお送りくださいませ。

もっと詳しくStudio Souについて知りたい方はホームページへ
Studio Sou HP

関連記事

  1. 【ライフワーク】やりたいことを仕事にしたいけど、不安です【お…

  2. ※キャンセル待ち【募集再開】1/12(日)カウンセラーバー …

  3. 【恋愛】また自分から恋を壊してしまいました【お悩み相談】

  4. 【恋愛】愛でお腹いっぱいで、彼にメールするのが面倒な日があり…

  5. 【人間関係】亡くなった方への罪悪感をどうしたらいいのでしょう…

  6. 【人間関係】不快な表現をする友人について【お悩み相談】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP